analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

コロナ禍が生活にもたらしたこと

災い転じて福となす。

世間が急に自粛とリモートワークに舵を切った時に、私は救われた気持ちで胸がいっぱいになった。

コロナ禍の前までは仕事と子育てにフル回転だったのだ。月曜から金曜まで仕事詰で週末は育児という地獄のような環境だったので、知らず知らずのうちに自分のキャパシティを遥かに越える活動を強いられていたのかもしれない。

この状況があと数年続いたら、本当に私は壊れてしまうかもしれない。いや、それ以前に私の人生は子育てが始まった時点で終わってしまったのだと、暗澹たる気持ちを抱えて毎日電車に押し込まれていた毎日が突如として変わったのだ。

「助かった」

大袈裟でもなんでもなく、そんな思いで胸が一杯になった。

私のようなことを言うと人生の諸先輩方がぞろぞろと出てきて「大袈裟だ」、「甘ったれるな」、「みんなやってきたことだ」と一喝するんだろうけど、子育てに限らず様々な問題を直視せず何も変えてこなかったことが今の日本の凋落につながっているのは間違いない。

少子化問題はそんな社会の病理に深く根を下ろしていることを、政治家も行政も国民も直視してこなかったのだ。

辛いことや自分の生活を狂わせるようなことがあれば、誰だってそんなリスクに向き合いたくなんてない。リスクから距離を置きたいのだ。

物事を良くしようと思ったら、何かを変えなければならない。

N0072021

 HASSELBLAD SWC/Biogon 38mm F4.5/ACROS II

空になったワインボトルに花をさしてみた。

家で過ごす時間が長くなったので、今まできちんと向き合ってこなかった家のことや子供のことに目を向けている。

子供と話をして散歩に出かける。暗くなったら仕事を切り上げて家で料理を作りみんなで食べる。

コロナ禍は人として当たり前の権利、長らく日本社会では同調圧力のもとに蔑ろにされてきた人として生きる権利を与えてくれたものだと思っている。

お題「#この1年の変化」

 

HASSELBLAD SWCは人の資質を試す

こんなに苦労させられたカメラは初めてかもしれない。

使いこなせずに手放す人がいるとは聞いていたけど、2ロールほど使ってみてその気持ちがよく解った。

ファインダーを覗くと絶望的に広いし、水準器では水平が出ている筈なのにファインダーの像と水準器の傾きが合わないし、近距離の目測は異常にシビアだしそもそも距離がフィート表示だし。

ある意味では人の資質を試すカメラだと思う。

写真の上手い下手ではなく、写真に対して時間を割いて真摯に写真に向き合うことができる人かどうかを試す機材。

別の角度から捉えれば、ねちっこく向き合いさえすればこれほど面白い機材も中々ない。

使い始めて一ヶ月。ようやくこのカメラに慣れてきた。

f:id:filmmer:20210221095100j:plain

Hasselblad SWC/Biogon 38mm F4.5/ACROS II

方々で言われている通りで描写は素晴らしいの一言。

隅々まできっちり解像し歪みもないので、恐ろしい程に水平垂直がびっちり出る。

上の写真は真ん中の信号機で垂直を出したが、左右の木や通行人も全く歪まない。

SWCの場合はカメラを買ったというよりレンズを買ったという感じがしっくりくる。

まさにBiogonというレンズのために製作されたカメラ。

N0062021

Hasselblad SWC/Biogon 38mm F4.5/Ilford Delta100

当たり前だけど、薄暮のような薄暗いところで使うとなるとピント面がとても浅くなる。

超広角レンズを使うときは二歩でも三歩でも被写体に寄らないと途端に写真が退屈になるし、ストリートスナップを撮る場合はピント合わせしてる時間がないので可能な限り絞って使う事が前提になりそうだし、ISO400のフィルムが常用になりそう。

ピントを6ft〜50ftに合わせてストリートスナップをするのも面白い。ブルース・ギルデンのような迷惑極まりない使い方もできるかもしれない。

f:id:filmmer:20210221100325j:plain

Hasselblad SWC/Biogon 38mm F4.5/Kodak Tmax400

慣れてくると水準器ではなくファインダーの中できっちり水平垂直が取れるようになる。

目玉を回して周辺を気にすると水平垂直がわからなくなるが、ファインダー中心に十字があると想像して垂直を決定すると労せず決まるので、むしろ水準器が物事をややこしくしてるのかもしれない。

 

 

f:id:filmmer:20210221102040j:plain

もしSWCを探している方がいたら、付属品がちゃんと付いていることは確認した方が良い。

ファインダーだとかフードのような付属品は単体で出てこない事が多く、いざ探すとなると本当に頭が痛い。

特にファインダーは酷くて、見つかったとしても平気で5,6万するし純正フードに至ってはそもそも見つからない。

私の場合、どうしてもフードが見つからなかったので、Camera&Watch Barオカダヤさん企画のレンズフードをFlashback Cameraさんで購入した。

flashbackcamera.jp

少々値は張るし図体も大きいフードだけど、その性能はばっちりな上にSWCの異形さに磨きがかかるのが素晴らしい。

正面から見るとすごいでしょ?

SWCというニッチな個体のためにフードを企画してくれたオカダヤさんに感謝である。

 

参考記事

sunrise-camera.net

aremo-koremo.hatenablog.com

www.nealrantoul.com

MacBook Proを更新しました

MacBookを新調した。

長らく使っていたMacBook Pro Mid2015 15インチからApple silicon MacBook Pro 13インチへのグレードアップ(画面サイズはグレードダウン)である。

一般家庭のPC耐用年数は大体5年程度だと思うので、僕と同じ境遇でMacBookの新調を考えている人がいるかもしれない。

何かの参考になればと思い雑感を書き残しておく。

f:id:filmmer:20210213232508j:image

 

新旧スペック比較

まずはざっくりと新旧のスペック比較から。

CPUやメモリのスペックはあまり変わらないけど、バッテリ容量が減ってるにもかかわらず出先で使える時間は2倍になっている。これは純粋に凄いと思う。

MacBook Pro Mid 2015 15inch

MacBook Late 2020 13 inch

2.5GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)

Apple M1チップ 4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU(3.2GHz)

16GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ

16GB LPDDR4 ユニファイドメモリ

512GB PCIeベースフラッシュストレージ

512GB SSD

Intel Iris Pro Graphics AMD Radeon R9 M370X(2GB GDDR5メモリ搭載)

8コアGPU 16コアNeural Engine

最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧

最大9時間のiTunesムービー再生

99.5Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

最大17時間のワイヤレスインターネット

最大20時間のApple TVアプリのムービー再生 58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

とりあえずベンチマーク

 

Single-Core Score

Multi-Core Score

Metal Benchmark

Open CL

iMac Pro 2017

1119

9391

69229

60557

MacBook Pro Late2020 13 in

1743

7650

21673

19544

MacBook Pro Mid 2015 15 in

910

3591

11234/526)

10440(5023)

さすがに6年近く前のモデルと比べちゃうと2倍近いパフォーマンスの差が出てしまうが、

Xeon W(3.0GHz)10coreとRadeon Pro Vega 56を積んだiMac Proと比べてしまうとGPUパフォーマンスではまるで勝負にならない。

GPU性能ではタコ殴り状態だけど、ノートブックのCPU性能でここまで健闘しているって凄いことだと思う。後述するバッテリー性能を考えると、もうとんでもなく凄い性能じゃない?

M1 MacBook Pro 13inを選んだ理由

MacBook Pro Mid-2015は既に発売から5年以上経っているものの、動画編集をするわけでもないしゲームをやるわけでも仮想通貨をマイニングするわけでもないので、時折回り出すファンがうるさいこととバッテリーがヘタってしまったことを除けば全然現役だった。

むしろリュックに詰めて持ち歩いていたiPadがヘタってしまっていて、電池の劣化に加えてタッチ感度が恐ろしく悪くなってしまい、当初はiPadを買い替えようかと思っていたらMacBookに行き着いてしまった次第なのである。

f:id:filmmer:20210213173339j:image

iPadは確かに便利なんだけど、単体だと文字を打つのが非常にストレスで、電車の中だとか隙間時間にネットを見たり映画を見るくらいの用途しか使えなかった。

じゃあMagic Keyboardをつけて持ち運びすればいいじゃないかとも思ったけど、あれを付けると重量が1.2kgを超えるのでMacbook Proと変わらなくなってしまう。

若干重量の軽いSmart KeyboardとiPad Airの組み合わせでも800g近くなる(460g+300g)ことから、じゃあMacBook Airでいいじゃん、、と次第に心がiPadから離れていった訳であります。

そして、トドメがM1 Macの脅威的なバッテリ容量。現行iPad Airの2倍近いバッテリ駆動時間と聞いて僕の心はiPadから完全にM1 MacBookに移ってしまった。 

重量感と取り回しのし易さ

15インチと13インチではそんなに重量の差がないんだけど、パームレストあたりをつまんで持ち運ぶ癖がある自分にとって13インチはとても取り回しが良いと感じた。

15インチのMacBookパームレストを掴んで移動すると微妙にボディがしなってファンが筐体に触れ、ガリガリガリ!っていう事があるんですよね。

iPadもSmart Keyboardを付けちゃうとそこまで軽いわけじゃないので、そんなに差分は気にならないと思う。

むしろ物理キーボードがあることで物書きのストレスは減るし、ディスプレイも若干大きくなるので取り回しという意味ではベストかもしれない。

f:id:filmmer:20210213221559j:image

あのキラキラした感じとアップルの社長の好みそうな感じから、オカマバーとかオネエバーとかお触りバーと散々馬鹿にしたTouch Barも慣れてみればとても使いやすいし、何よりパスワード関係が指紋認証で通せるようになったのはとても良い。

使えるアプリ、もうダメなアプリ

一応体裁上はRosetta2を通せばIntel Macのアプリケーションも動作することになっているんだけど、最近のmacOSで既に使えなくなったAdobe CS6スイートは当然全滅で、AutoCAD 2017もダメだった。ラジオ人間の僕にとってラジ録が使えないのも痛い。

一方でAdobe Lightroom 4とEpson Scan2は動作するので、写真活動は首の皮一枚繋がった感がある。

とはいえInDesignが使えないので冊子作りをしたかったら、ここから先はAdobe税を払わなければならないのだけど。

切り捨て過ぎたポート

世間で言われているように、Thunderbolt3ポート2つとイヤホンジャックひとつというポート構成。割り切りをするにも程があるというか、潔いを通り越して切り捨て過ぎ感がすごい。

電源繋いで外付けディスプレイに繋いだらそこでおしまい。これはさすがに無いんじゃないかと。

f:id:filmmer:20210213173511j:image
f:id:filmmer:20210213173515j:image

あなどれない音質

スペック表にはハイダイナミックステレオスピーカーとしか記載がないけど、明らかに音質は良くなっている。

Mid2015モデルのスピーカーは低音がスカッと抜け落ちているが、新しいモデルでは高音から低音まで等しく音が出ている。

音量はどちらもあまり変わらないので出力は同程度だと思うが、新しいM1 MacBookDolby Atmosに対応しているため音場感も良い感じ。

筐体のサイズは小さくなっているものの音質はとても良いと感じるし、M1 MacBookを暫くいじってからMid2015のスピーカーから出てくると音を聞き直すと「うーん、ノートパソコンから出てくる音だなぁ」と感じる。

M1 MacBookの音質が良いとは言っても5年前の製品と比べて凄く進化したよねって話なので、良い音で聴きたいならHomePod買うか、きちんとしたシステムを組んだ方が良い。

無限に続くんじゃないかと錯覚するバッテリー

これには驚いた。

充電を終えたMacBookから電源を外し、大飯食らいのラジオアプリであるtuneinから音楽を流しつつ1,2時間マイニングを試してみたあと、ベンチマークを走らせて音楽を聴きながらこのblogを書いているが、電源プラグを抜いて5時間経っているのにまだ62%もバッテリ残量がある。

目の前に横たわっているIntel Macで同じことやったら多分3時間持たない。 

結論:M1Macbook は素晴らしいけどIntel Macは引退できない

巷の評判通りにM1プロセッサを載せたMacBook Proはとてもよく設計された製品で、恐ろしく良い電力効率とパフォーマンスを実現している一方で、いくつかのアプリケーションは動かない。

Adobe税を絶対に払わないと決めている私のように、かつてのCSスイートを延命させてきた人からするとまだIntel Macは引退させられないなぁというのが正直な印象だけど、ネガフィルムのスキャンと管理はきちんとできそうなので、フィルム写真界隈の方は心配しなくて良いかと思う。

 

 

湘南点景

「ねぇ、もし手元に一本だけレンズを残すとしたら何がいい?」

この世界にカメラが普及してからというもの、世界中で幾度となく好事家や男女の間で交わされた他愛のない会話だろう。

「さぁ、わからないよ」

男は素っ気なくそう答えて目線を逸らす。

カメラやレンズの好みは女性の好みに似ている。過去に何度となく考えたけれど、この問いに対する答えは本当にわからないのだ。

今持ち出しているレンズはもちろん自分の好きなものだけど、明日何を持ち出すかなんてわからないし、一年後に好きなものはもちろん変わっているだろう。

N0052021

LEICA M6/Super Angulon 21mm F3.4/Adox CHS100II 

 

「いつも偉そうに理屈ばかり並べるくせに、自分の好きなものも解らないのね」

目線を外し、憎まれ口を叩くように、半ば呆れたように遠くを見つめながら女は呟く。

男は返す言葉に迷いながら、ふと窓の外に目をやると太陽が少しずつ傾きかけている。

f:id:filmmer:20210211211342j:plain

LEICA M6/Super Angulon 21mm F3.4/Adox CHS100II 

「今年はこのレンズを使い続けるかな。そのうち気が変わるかもしれないけど。」

男はグラスの横に置いたカメラを撫でながら、嘯くように他人事のようにそう切り返すと、テーブルの上の伝票をつまみ上げ、ウェイターに会計を急かした。

夕暮れは近い。まだ少し写真が撮れるかもしれない。

 

f:id:filmmer:20210211212528j:plain

LEICA M6/Super Angulon 21mm F3.4/Adox CHS100II 

Pro400H終売に思うこと

だいぶ旧聞になるが、富士フィルムのネガカラーフィルムPro400Hが廃盤になるようだ。

値上がりが続くKodak Portraの代替品として捉えられていた感があったこのフィルムをきちんと使ってみたらとても良い雰囲気に仕上がった。

もっと僕たちがこのフィルムを使って、フジもちゃんとマーケティングをやってくれていたら廃盤にならずに済んだのかもしれない…と一瞬思ったが、もう富士フィルムはフィルム事業を継続する気がなさそうだし、遅かれ早かれこのフィルムも無くなったんだろう。

Kodakの財務レポートがフィルム事業を好調と表現している中で、富士フィルムのフィルム屋廃業路線はとても残念だし、ほとんどのフィルムユーザーはこの決定と富士フィルムを冷めた目で見ているのは間違いない。

少なくとも僕は呆れている。

N0042021

Hasselblad 500CM/Planar 80mm/Fuji Pro4000H

35mmは今年の3月、120は来年3月を最終出荷予定としているようなので、中判フィルムユーザーはもう少しだけPro400Hとおつきあいができる。

今年のカラー写真はPro400Hで撮ろうと思う。