analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

きちんと作られたPlanar CF80mmは素晴らしいレンズ

有機野菜を用いた料理の話のようなタイトルだけど、去年の秋に買ったRolleicord IVに引き続き先日のHasselbladもハズレを摑まされていたという話。

今まで写真機材でハズレを引いたことがなかったので、中判フィルムカメラと私の相性が悪いのか、私が買い物に行く中古屋が悪いのかほんのちょっと悩んだ。

どちらかといえば後者に原因があると思うが、恨みつらみを並べ立てても仕方がないのでこのハズレPlanarについて書き残しておく。

Planarって評判倒れレンズじゃない?

最初の1ロールを現像した後の感想がこれ。

試写した日は雨だったしPlanar CF80mmは開放付近がポヤポヤだと聞いていたので、F4以下はこんなもんかと思っていた。

このレンズは実は柔らかい描写なんだな、と。だから世間はRolleiflexのPlanarを最高のPlanarと絶賛するのかと思っていた。

解像感はScheneiderのXenar 75mmの方が圧倒的だしボケも綺麗だし、一方のPlanarは解像感ゆるいし前ボケは汚いし全くの評判倒れ…と考えていた。雰囲気はある…ように思うけど釈然としない写り。

N0052020

Hasselblad 500CM/Planar CF 80mm/Kodak Tmax400 

やっぱり何かおかしい。

その後2,3ロールと使ううちに何だか怪しいぞ…とうすうす気づき始め、これはハズレを摑まされたと確信したのが次の二枚。  浴室に吊るされたネガを眺めながら、ふと嫌な予感が胸をよぎったのだけどその予感は現実だった。

f:id:filmmer:20200405095520j:plain

Hasselblad 500CM/Planar CF 80mm

前ボケが汚いとかの話以前に、カツカレーと同一平面にある大盛りカレーがファンタジー。いやはやこれは立派な片ボケ。当選でございます。お疲れ様でした。解散。

 

f:id:filmmer:20200405102154j:plain

Hasselblad 500CM/Planar CF 80mm

片ボケの検証のために撮ってみたのがこれ。下半分が怪しいと思っていたけど、右も左も点光源が流れちゃっているので写真として破綻しちゃってる。こりゃもうダメだ。前の持ち主をぶっ飛ばしてやりたい。

Hasselblad Planar 80mmの描写をネットで探していたら、Photo Yodobashiさんの記事にたどり着いたけど、「どうだ!」と言わんばかりのビシッと四隅まで決まる描写。自分の写真と見比べると涙でネガが見えない。

photo.yodobashi.com

 

修理するか悩んだ挙句新調した

ぼんやりしていても何も変わらないので行動を起こさなければならない。

中古市場に出ているHasselbladのPlanarの玉数が少ない上に価格もそこそこするので、まずは修理人の方にレンズをばらして見て頂いたところ簡単に解決できる問題ではなさそうだった。

Hasselbladの修理はとかく金がかかると聞いて途方に暮れていたら、(運良くと言っていいのかわからないけど)保証付の美品が出てきたので新調することにした。同じレンズが2本も手元にあるなんて自分の人生の中で初めての経験。ハロー新米。

 

f:id:filmmer:20200405165244j:plain

Hasselblad Planar CF 80mmは十数年製造が続いたモデルなので、新旧の2本を並べてみるとところどころに意匠の変更があっておもしろい。

前期モデルは"Made in West Germany"であるのに対し後期は"Made in Germany"に変更されている。このモデルの製造中にドイツは東西統一されたことを思うと感慨深い。

ベルリンの壁が壊された当時、クソガキだった私と私の幼馴染は教室の本を並べて「ベルリンの壁」を作ってはドミノ倒しにして猿のようにキャッキャと喜んでいたことを思い出す。

 

早速比較する

マガジンにFomapan 400を詰め、三脚とPlanar CF80mmを2本持って近所を散歩しながら検証用の写真を6カットずつ撮ってきた。

下の石垣の写真が一番わかりやすいのだが、下半分の片ボケかと思っていたら全体的にボケてるわ周辺は盛大に流れているわで本当にどうしようもないダメ玉を摑まされたことがわかる。手ブレ写真なんじゃないかと思われるほど酷いが、三脚にガッチリ固定しているので手ブレでは断じてない。

f:id:filmmer:20200405162854j:plain

最初に買ったダメPlanarは、下半分に前景がある構図だと前ボケのように見えるけど平面を撮るとまるでダメ。残り5カットも似たり寄ったりの結果で中心から離れるほどに解像しなくなり四隅は流れまくる。

前述の修理人の方曰く「開けられた形成はあまり感じられない」とのことだったので、もしかしたら出荷時からこの状態だったのかもしれない。すごい話だけど。

このダメPlanarは外装が綺麗なのでどこかに売り飛ばすこともできるけど、そんな無責任なことは絶対にしてはならないと思うので、将来の部品取り用に手元に残すこととする。

新たに買い足したPlanarは気持ちよく解像する。

新しいPlanar CF80mmは、以前買ったPlanarと同じレンズなのかと思う程素晴らしい。下の写真はフジACROS IIを最近発売されたばかりのSPUR Silversalt現像液で仕上げたものだが、本当に気持ち良い写りをする。ACROS IIもSilversalt現像液も素晴らしい仕事をしてくれる。

N0202020

Hasselblad 500CM/Plana CF80mm/Fuji ACROS II/SPUR Silversalt dev. 

f:id:filmmer:20200405172909j:plain

Hasselblad 500CM/Plana CF80mm/Fuji ACROS II/SPUR Silversalt dev. 

 

Planar新調を通して気になってきた現行品

Mマウントは現行品のSummicron-M 50mmがあるので、同じ50mmF2をもう一本買ったところで意味がないのは重々承知しているのだけど、ちゃんとしたPlanarに感銘を受けてしまったのか変に感化されたらしく、ここ数日ずっとPlanar 2/50 ZMのことを調べていたりする。

www.cosina.co.jp

rangefinder.yodobashi.com

 

ひっそりと生産が終わっていたSilvermax

あまりに突然の知らせに驚いた。

このフィルムは専用現像液まで用意されていたしAdox社の看板フィルムだと思っていたので、こうもあっさり販売を終了してしまうとは夢にも思わなかった。同時にScala 160も販売終了とのことなので、商品名を統一するわけではなく本当に製造販売が終わったらしい。
Silvermaxの乳剤は旧製品のAGFA APX 100と同じ物でアグファゲバルトから供給を受けていた事は聞いていたので、SilvermaxもScalaも終わりということはアグファゲバルトが製造か供給のどちらかをやめてしまったんだと想像している。

本当にいいフィルムだった。さようならSilvermax。

N1192018

Bessa R3A/Summicron-M 50mmm/Adox Silvermax 

N0952019

LEICA M6/Summicron-M 50mmm/Adox Silvermax

N0902019

LEICA M6/Summicron-M 50mmm/Adox Silvermax  

あらたな常用モノクロフィルムを探して。

ここ数回の大胆な値上げによりkodakは常用フィルムとは言えなくなってしまった。富士フィルムKodakの後を追うように値上げを続け、新規ACROSは素晴らしいけれども常用フィルムと呼ぶ価格帯ではない。
という訳で、1本あたりの価格が1000円以下で調達できる常用フィルム候補を挙げてみようと思う。世の中には沢山のモノクロフィルムが存在するが、ラベルを張り替えているだけだったり、中身を詰め替えているだけだったりするフィルムが数多くあるので、そのようなフィルムはここでは取り上げない。*1

Adox HR-50(2020年3月現在の価格は880円〜)

Silvermaxよりシャープかつ微粒子でコントラストも高いモダンなフィルム。Rollei Retro 80sの乳剤を改良しているとのことなので特性はRetro 80sに似ており、アグファゲバルトから供給されているらしい。専用現像液を使うとより良い結果が得られると思うが、感度が50と低いことが原因かラティチュードは狭い。
なお、Silversaltさんで買うとなぜかScala 50の方が安いので(2020年3月現在の価格は810円)こちらを買ってHR-50として使うのが良いかと思う。

N1022019

LEICA M R3A/SummicronM 50mm F2/Adox Scala 50

N1022019

LEICA M R3A/SummaronM 35mm F2/Adox Scala 50 

ラティチュードが狭いので明暗差の激しい海辺の景色を撮ると、現実離れしたような夢の中のような感じに仕上がるのだけど、個人的にこの浮遊感が好きなので常にストックしている。

Fomapan 400(2020年3月現在の価格は630円〜)

チェコの巨人Fomaが製造する旧式乳剤フィルム。
粒状性は良くないけどラティチュードは広く、ハイライトからシャドウまで美しいグレイトーンを表現する印象。自然光豊かなところで使うと光って粒子だったんだなぁ、と改めて納得する。

N1522018

Bessa R3A/SummicronM 50mm F2/Fomapan400

N0082019

LEICA M6/SummaronM 35mm F2/Fomapan400

鳥居の写真はディスプレイで見ると黒く潰れているように見えるけど、プリントすると恐ろしく暗部のディテールが残っていて驚く。もしかするとSummaron 35mmの特性かもしれないけど、Fomapan 400のグレイトーンはとても良いと思う。

Fomapan 100(2020年3月現在の価格は580円〜)

方々で言われていることだけど、このフィルムはまともに使おうと思うと難しい。

ハイライトはぶっ飛ぶしシャドウは潰れるし粒状性は悪いのでザラザラだし、とてもじゃないけど優等生なフィルムだったSilvermaxの代わりとはならないが、コントラストのきつい作風の写真を撮りたい時はいいかもしれない。そしてこの価格はとても魅力的だと思う。600円以下で買えるモノクロフィルムは多分これしかないんじゃないかな。

N0112019

LEICA M6/SummaronM 35mm F2/Fomapan100 

N0102019

LEICA M6/SummaronM 35mm F2/Fomapan100

曇天専用フィルムとでも言えばいいのか、明暗差の薄い場所で使うと粒状性は悪いけど「雰囲気あるよね〜」な一枚に仕上がるような気もする。正直使い所が全然わかってないんだけど。

Ilford HP5 Plus(2020年3月現在の価格は880円〜)

Kodak富士フィルムが値上げに勤しむ昨今Adox、Fomaと並んで良心を持ってフィルムの製造を続けてくれているメーカーがIlford。このメーカーがなくなると正直困る。

IlfordのHP5 Plusは旧型乳剤のフィルムなのでSilvermaxはじめここで紹介したフィルムと同じ分類なのだけど、使ってみた感じはTri-Xを少しモダンにした印象に感じた。シャープさや精彩感はSilvermaxの方が上のような気もするけど、多分気のせいだと思うくらいのレベル。価格帯はSilvermaxと同じくらいなのでSilvermaxの代わりとしていいんじゃないかと思っている。

f:id:filmmer:20200328231631j:plain

LEICA M6/Elmarit-M 90mm F2.8/Ilford HP5 Plus

f:id:filmmer:20200328232710j:plain

LEICA M6/SummaronM 35mm F2.8/Ilford HP5 Plus

実は今まで喰わず嫌いで使わなかったこのフィルム。

初めて使ってみて思ったのは、適度にザラ感があるけどハイライトもシャドウもトーンがそこそこ豊かでちょっとモダンなTri-Xかなぁという感じ。もしかしたら最近発売されたSPUR Silversalt現像液で現像したからかもしれない。このフィルムを常用とするかどうかはもう少し使ってみてから判断しようと思う。

Ilford DELTA 100(2020年3月現在の価格は870円〜)

上記のフィルムと違いT粒子のフィルムがこちら。

とても緻密な描写である上、低感度であるにも関わらずラティチュードは悪くないと思うんだけどどうにも優等生すぎるきらいがあって最近あまり使っていなかった。価格もTmaxのようにべらぼうな単価ではないので、もっと積極的に使ってもいいかなぁと思う。

N0302017

 Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Ilford DELTA 100

N1102019

Rolleicord IV/Xenar 75mm/Ilford DELTA 100

35mmフィルムに比べて中判フィルムは一段と選択肢が狭くなるので、最近このDELTA100の出番がまた回ってきた感じ。改めて使うととてもいいフィルムだなぁと思う。

 

*1:例えば2020年3月現在、LomoのEarl GreyとArista Edu 100はともに中身はFomapan 100だと言われている。詳細はList of Photographic films[wikipedia]を参照。

脳が極度に疲労したので中判フィルムカメラひとつ持ってぶらぶらする。

コロナ騒動と本業の激務が重なり中々外に出られない日々が続いている。

ここ最近気付いたのだけど、人と話をしたり行動を共にすると知らず知らずのうちに脳の疲労が溜まってしまうらしい。

昔はそんなことなかったのに、最近同僚の喋っている話や家族の問いかけが突然理解できなくなったり、自分の思いを言葉に起こせなくなったりする。もがくほどに脳がスリップする。そんな感じ。

この状況を放置すると本当に何かが壊れてしまいそうなので、家族に許しを請いカメラひとつぶら下げて誰とも話をしない、気の向くままにぶらぶら歩くだけの日を作ってもらっている。

N0162020

Hasselblad 500CM/Planar CF80mm/Kodak Tmax400/Silversalt Dev.

 

N0152020

Rolleicord IV/Xenar 75mm/Kodak Tmax400/Silvermax Dev.

 

f:id:filmmer:20200320094444j:plain

Hasselblad 500CM/Planar CF80mm/Kodak Tmax400/Silversalt Dev.

 

道中食べたいものを食べただただ写真を撮って家に帰り、夜になったら酩酊しながら現像する。その間誰とも喋らない。シンプルだけど中々できないことだし、疲れた脳を休めるのはこれが一番かなぁと思っている。

世の中何でもかんでも言語化しすぎだよ。

美しいものや美味しいものという本来言語化しなくても良いものまで言語化しちゃう。商売人はそれでいいかもしれないけど、消費者や創作する側は言語がなくてもいいんだよ、と思う。