analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

最近中古レンズの値上がり具合がひどい気がする。

ズマロンってこんなに高かったっけ?

仕事中にマップカメラのサイトを眺めて驚いた。ズマロン35mmってこんなに高かったっけ?ズミクロン35mmの中古かなと思い二度見したけど、やっぱりズマロン35mmの中古だった。マップカメラの中古レンズの値付けは高めだけど、それでもちょっとやりすぎな価格帯。F2.8が極端に値上がりしている一方でF3.5はあまり変わっていない。

f:id:filmmer:20181117113632j:plain

去年あたりまでズマロン35mmの相場は10万円前後、結構いいコンディションのものでも15万程度だった印象があるので20万超えてくるとはちょっと驚いた。さらに驚いたことに、このスクリーンショットを取った10日後にもう一度マップカメラのサイトを見たら2本も売れてるの。もう20万積んで現行のズミクロン買ったほうがいいじゃんって思うんだけど。

 N1422018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Fuji Acros 

ズマロン35mm F2.8は本当にいいレンズで、アクロスみたいなフィルムで撮るとそりゃもうビシッとディテールまで決まる。それでいてこの時分のライカらしく、恐ろしく作りが丁寧なレンズが10万そこそこで買えるというところが素晴らしかった。

 アジア成金とフルサイズミラーレス普及の合わせ技

この急な値上がりは、最近裕福になってきたアジア勢が買い占めてるんだなくそうちくしょう…なんて思っていたのだけど、どうもフルサイズミラーレスの普及も原因の一つらしい。ミラーレス以前に最近のデジカメに全く興味がなくなってしまったので、こんな時流になっていたなんて全く知らなかった。

キタムラがご丁寧にこんなページまで用意しているところを見るに、ミラーレスとオールドレンズの組み合わせは一部の道楽者の間での流行りではないのだと思う。ちょっと前ならSONYのA7だけだったこのセグメントには、今やNikon Z7/Z6やCanon EOS Rが参入しているので、オールドレンズで遊ぶ人も増えてるのかもしれない。

shop.kitamura.jp

きちんと修理できる人が少ないであろう大陸に素晴らしいレンズが流れていってしまい、壊れたらぽいっと捨てられてしまう(であろう)ことを思えば、素晴らしいレンズ資産が国内でぐるぐる回ることは悪くないのかもしれないなぁ、と思う一方でフルサイズミラーレスにオールドレンズを合わせるという人の気持ちがあまり解らない。現行のレンズの方が性能はいいだろうし、ボケ味なんて絶対現行の方がいいに決まってる。

photo.yodobashi.com

Batis 2/40なんて24cmまで寄れるし解像するしボケは気持ちいいし、だいぶ図体がでかいけど、大きささえ我慢できればズマロンに20万円突っ込むより満足感あると思うんだけどなー。

photo.yodobashi.com

コンパクトなMFレンズならフォクトレンダーの40mm F1.2も魅力的。点光源ボケなんてライカのレンズよりも絶対こっちだよな、と思ってる。もし自分がA7買うことになったらズマロンじゃなくてノクトン40mmを買うな。間違いなく。 

せっかくオールドレンズを買うならフィルムカメラも買えばいいのに。

オールドレンズを味わう時にフルサイズミラーレスと組み合わせるのは確かに便利かもしれないけど、そんな貴兄にはぜひフィルムカメラも合わせて購入して、オールドレンズとフィルムの組み合わせも味わって頂きたいと思うのである。せっかくの道楽なんだから徹底的に。

デジタルのセンサーなんて会社ごとモデルごとに差はもちろんあるけど、初期のFoveonを除けば似たり寄ったりの画が出るようになってるんだし。数字で表されるスペックの進歩はあれど、個性という面では特筆すべきセンサーは(ほぼ)ないと思う。

N1212018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Adox SCALA

そこのところフィルムの世界は個性豊かである。このAdox SCALAなんて繊細かつ重厚感ある黒の諧調が美しいし、リバーサル現像したフィルムを光にかざした時に見える繊細かつ立体感ある画は感動的ですらある。

 

N0702017

Bessa R3A/Summicron 50mm F2/Kodak Ektar

コダックのエクターもしっとりとしたいい画を出すフィルム。デジタルで撮ってRAW現像時に追い詰めたりVSCO噛ませたりすれば似たような感じに仕上がるけど、やっぱりオリジナルのフィルムで撮ると質感が違う。明暗が飛んだり潰れたりもないし。

 

N1292018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Ektachrome 

コダックはエクタクロームを復活させた。生産数が少なかったからなのか、ヨドバシは即日完売。B&Hもバックオーダーになっていて再入荷は12月予定。コダックアラリスのツイート曰くフィルムの需要は増えているみたい。この調子だ。

 

N1192018

Bessa R3A/Summicron 50mm F2/Adox Silvermax

Adox SCALAとなぜか中身が同じ(らしい)Silvermaxも素晴らしい。像の皮膚のシワの質感までくっきり浮かび上がる解像感。SCALAと同じように黒の諧調も素晴らしい。 デジタル全盛のこの時勢においても、フィルムの新製品を開発販売し続けるこのドイツの企業には頭が下がる。 

とはいえ、中古レンズとカメラがこれ以上値上がりされると困るのである。

ミラーレスにオールドレンズを合わせている貴兄には、ぜひフィルムカメラを買って、じゃんじゃんばりばりフィルムを消費して頂きフィルムの価格を下げて頂きたいと思うのであるが、これ以上レンズとカメラの値上がりが続くとそれはそれで正直困る。

困る困ると嘆いたところで、オールドレンズやフィルムカメラは生産をしていない以上玉数に限りがあるので、昔以上に「探しているものを見つけたら買う」という見敵必殺の精神で中古屋に向かわなければならない状況が続くのだろう。少なくとも35mmと50mmは需要がしばらくありそうなので、ここら辺の焦点距離のオールドレンズが欲しい人はちょっと急いだ方がいいのかもしれない。

あくまでマップカメラの価格設定ではあるけれど、ズミクロン50mm F2も凄いことになっている。価格差が3-5万の中古レンズって買う意味あるんだろうか。ズマロン同様、本末転倒感が凄い。

f:id:filmmer:20181118114924p:plain

随分前からライカMPかM-AかM6かM4のどれかで悩んでいる件もそろそろ決めなきゃなぁ…。エルマリート90mmも買わなきゃなぁ。

 

エクタクロームが現像から上がってきた

リバーサルフィルムがどうにも苦手だった。

現像から上がってきたエクタクロームを光にかざして眺めて…欲しかった色がきちんとフィルムに再現されていて「あぁ、これこれ」と。リバーサルフィルムも悪くないんじゃないかと思い始めた今週始め。

ただの下手くそが故の苦手意識なのだと思うけど、ProviaVelviaを何度か使ってみてどうにもあの色味がダメで、使うたびに「もう二度と使わねー」と悪態をついていたのに、ついうっかりエクタクロームを買ってしまった。酔った勢いで発注していて、気が付いたら家のポストにフィルムが届いていた。流行り物に乗ってしまった感ありありだったけど、今は全然後悔していない。

フィルムとの出会い頭って大切。 

N1332018

 Bessa R3A/Summicron 50mm/Ektachrome E100

 

N1292018

 Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Ektachrome E100 

 

N1402018

 Bessa R3A/Summicron 50mm/Ektachrome E100 

 

N1372018

  Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Ektachrome E100 

 

N1382018

   Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Ektachrome E100 

 

N1412018

   Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Ektachrome E100 

   

N1392018

 Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Ektachrome E100  

 

最近湘南地方に足を伸ばしているが、今週の始めは天気がとても良かったので思い切って横須賀まで。夏が過ぎて人が少なくなった海辺はとても気持ちがいい。エクタクロームは手元にあと2本。今週末はどこに出かけようかな。

 

【追記】

エクタクロームのアマゾンの売値が1300円付近まで突然下がっている。世界中で小売業を駆逐するアマゾンの姿勢には賛同しかねるものがあるが、正直1300近辺まで下がってくれると使う側としては嬉しかったり…する。胸中モヤモヤは残るけど。

 

 

夏の終わりに

暑いのが嫌だ、湿気が嫌だとブツブツ言いつつも、いざ涼しくなってみると夏の陽射しが恋しくなるんだから、随分とわがままな大人だなぁと思う。

鎌倉の路地裏をぶらぶら。

この街は一歩路地裏に入ればまだどうにか小津安二郎映画のような雰囲気を維持しているけど、海側ではマンションの建設計画が実行に移されようとしているらしい。

不動産業界で働いている方々には申し訳ないけれど、彼の業界の歴史ある街にマンションを建設しようとする、文化を破壊する姿勢がとても腹立たしい。

N1282018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Adox SCALA 

横浜駅でAdoxのフィルムを見つけた件。

すごい店を見つけた…と云うか自分の生活圏から離れた場所が故に今まで気が付かなかっただけの話なのだけど、相鉄横浜駅ビルであるジョイナスの一角にある「カメラはスズキ」さんのことである。「カメラ”の”スズキ」の誤植なんじゃないかと思ったが、どうもこの店名で正しいらしい。

カメラと言えばスズキ。スズキと言えばカメラ、例外は認めないと云ったこの語感。「の」を「は」に変えただけなのにパワーを感じる。

横浜駅ビルの1階はDIESELだのAmerican Eagle Outfittersだの、資本力溢れる店がこれでもかと入っているのだが、その終端にカメラのスズキさんがある。そしてカメラのスズキさんを境に急に世界が昭和に逆戻りする。相鉄線改札口から先の横浜は県外の人が思い描く横浜とは別世界の横浜だ。

f:id:filmmer:20181020175940j:image

SIGMA DP1 Merrill

 

店構えを遠くから見ただけだと、パレットプラザっぽい感じなのだが、店先に積んである富士記録用100のバラ売りにただならぬ気配を感じて一歩店内に入って驚いた。

ローライのフィルムがほぼ全種類とフォマパンRもあるし、AdoxのScalaもSilvermaxもCMS-20もある(Adoxのフィルムを店頭で売ってるの初めて見た…)し、CinestillもあるしPortra160/400のバラ売りまでしてくれる。さらに駄目押しで各フィルムの撮影サンプルまで置いてある。f:id:filmmer:20181020175855j:image

Apple iPhone SE 

ちょっと奥に入ると、リコーフレックスや海鷗4型、ライカフレックス、ニコマートが置かれているのだが、うっかり海鷗を手に取りそうになってしまった。漢字で海鷗なんて書いてある二眼レフって素敵じゃん、みたいな。シーガルってのじゃダメなのよ。漢字がいいのよ。

この店のフィルムの品揃えは、目と鼻の先にあるヨドバシ横浜なんか目じゃない。あっちはあっちでケントメアくらいまでは置いてるけど、CinestillだのAdoxなんて置く気配すらないものね。

これからフィルムカメラを始めたい横浜住みの人は、急いでここに駆け込んで安いニコマートと好きなフィルム買えばすぐに始められる。素敵じゃないか。ライカとかローライが欲しくなったら桜木町の大貫カメラに駆け込めばいいわけだし。

フィルムカメラが絶滅一歩手前でどうにか首の皮一枚繋がった状態で生き長らえているこのご時世、横浜駅の駅ビルなんて洒落乙な立地でこんなにたくさんフィルムを扱っている店があったなんて、もう驚きなのである。

去る人ヨコハマ

9月下旬になっても暑い日が続き、いつになったら秋が始まるんだ…と思っていたら、あれよあれよ気温が落ちて行った関東地方。今年はちゃんとした春がきた印象がなかったし梅雨も短かったし秋晴れの日も短そうだし、もう昔の日本の気候とは違うんだろうなぁ。

スカッと晴れた日に一人あてのない散歩をしたかったけど、Portraを詰めて曇天の下トボトボ歩く散歩も悪くない。

 

N1262018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

横浜スタジアムから海へ向かって。仕事に向かう人の列。海の気配を感じる大通りって本当に素敵。海が見える、じゃなく「気配を感じられる」ってとこがミソ。

 

N1252018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

どんより曇り空の中華街。人気も少ない。傘をさした二人はきっと食事にでも向かったのだろう。

 

N1242018

 Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

大さん橋を歩く老紳士。船に乗ってどこかに向けて出発するのかな。一度でいいから仕事を全部ほっぽらかして長い船旅に出てみたい。

 

 

N1232018 Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

特に意識したわけじゃないけど、現像から上がってきたフィルム見たら街ゆく人の後ろ姿をばかり撮っていた。この物憂い曇天が去る人の背中を撮りたい気分にさせるのだと思う。

あとね、Portra 400とSummaron 35mm F2.8の組み合わせ。狙い通りの色を出してくれるこの感じ。道楽写真だし、ただの自己満でしかないけど、妙に撮る気が出てくる不思議な組み合わせのひとつ。

 

 

 

エクタクロームは10月中旬らしい。

遂にB&Hにエクタクロームが登場。ステータスがプレオーダーになっており出荷は10月中旬となっている。某量販店に聞いたところ日本の発売も概ね同じ時期らしく、紅葉の季節にはギリギリ間に合うっぽい。

エクタクロームはまさかの復活アナウンスから、予定が延期されたり情報が出てこなくなったりと何度か不安になったが、まずは無事に発売にこぎつけたコダックには賛辞を送りたい。今年の1月に仮想通貨ビジネスに手を出したと聞いた時は、正直もうこの会社ダメだな、とかエクタクロームの復活もきっとないんだろうな…なんて思ったけど。兎にも角にもちゃんとエクタクロームを供給できる状態になったということで安心した。

 

f:id:filmmer:20181008103846j:plain

Kodak Professional Ektachrome E100 Color Transparency 1884576 

 

ところで、1本13ドルというのはいかがなものだろうか。

B&Hで他のコダックのフィルムを眺めてみるとEktar 100が1本7.49ドルなのだが、これが日本にくるとヨドバシで買って¥1,590付近なので、単純計算するとコダックアラリスジャパンに良心のかけらもなければ1本あたり¥2,757也、ということになる。高え。

確か先代エクタクローム終売時の価格は1本¥900前後だったはずなので、今のコダックアラリスジャパンの値付け路線からするとおそらく3倍以上の値札がつくことになるわけで、こんな高い値札付けていたらフィルム写真道楽を志す人を増やすことには繋がらないよなぁ、と思う。生産ライン作り直したり輸送のコストがある事は承知してるけど、それでも高えとしか言いようがない。エクタクローム100本使ったら現像コスト込みでズミクロン35mmを新品で 1本買えちゃうじゃん、とか。

 

インスタとかチェキ経由でフィルムカメラの楽しさに目覚めかけている人たちを含め、もっとアピールできる価格で市場に出せばいいのに…というか、コダックは全般的に高すぎ。アメリカの小売価格を猛省してそこそこの値段でEktachromeを発売して、Ektachrome発売記念とかこじつけて、ついでにPortraもEktarも30%くらい安くすればいいのに。

Silvermaxをスキャンする

前回エントリに引き続きAdox Silvermaxの話。

現像から上がって来たフィルムをスキャンしようとしたら、フィルムがマイナーすぎるのかSilverfastのNegafixにはこのフィルムのプリセットがない。フィルム自体の需要が殆どないこのご時世、スキャナソフトの開発元も開発リソースをつぎ込む理由がないのかもしれないけど。

このフィルムはAgfa APX100に似ていると聞いていたので、Agfaのプリセットならあるだろうと思い探したが、なぜかAPXのプリセットがない。他のAgfaカラーネガのプリセットはあるのに。 

 

文句を言っても始まらないので、そこそこ近そうなプリセット探してみた。

このSilvermaxというフィルムはAdox SCALAと同じ中身なので、ポジ現像したSCALAライトボックスで覗きながら、SCALAに割と近い雰囲気のプリセットを探してみた結果、Kodak Tmax100が多分一番近い…ように思う。

Ilford Delta100も近いような気もするしFP4 Plusもそこそこいい感じなんだけど、SCALAの比較と当時の露出の記憶から多分Tmax100。

Silverfast Negafix preset comparison

Silvermaxのネガをいろんなプリセットで処理した比較画像をflickrにアップしたので気になる方はそちらをご確認いただきたい。

 

そんな今年の8月下旬はあまりにも暑すぎて、ルーティンとなっているあてもない散歩をするもほぼ半分脳死のカメラを持ったゾンビ状態。この1ヶ月で「暑い」と「死ぬ」と「もう働きたくない」と「太陽死ね」と「シャワーは神の発明」を何回口にしただろう。

 

東銀座の裏通り。

かつて都内最古の地下街に数えられた三原橋地下街は、残念ながら解体され埋め戻されたけど、三原橋交差点の近くにはまだこんなに渋い裏通りが残っている。中華三原のタンメンも素朴な味でいい。

それにしても、交差点の地下に映画化と飲食店を組み合わせたあの小粋な地下街は、小さな頃の自分には都会の暗部のようにも見えたけど、きちんとリノベーションすれば面白い場所になったと思われるだけに解体は残念だった。

N1212018

Bessa R3A/Summaron-M 35mm F2.8/Adox SCALA

 

金沢動物園。気温36度。

バスに揺られて急傾斜をえっちらおっちら上がっていた先にある動物園。命の危険を感じる湿度と気温のせいか、休日にも関わらず動物園は閑散としていてうっすら場末感を感じた。関東でも指折りの長い滑り台があるので、気温と湿度さえどうにかなってくれれば楽しそう。

N1192018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax 

 

 

神奈川のおっさん聖地といえば野毛。大貫カメラもある野毛のお祭りの列にお邪魔。

元気な個人商店で成り立っている街はやっぱりいい。そんな街の大人と子供がお祭りに参加している光景がいい。資本に汚されていない光景がいい。

N1182018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax  

 

野毛といえば都橋商店街。この川沿いの年季の入ったビル。渋い。

名前は商店街だけど、この100m程の2階建ビルの中にスナックやら飲み屋がぎゅうぎゅうに詰まっている。そもそも東京オリンピックの際に露店を集約させるために建てたものなので、もちろんビルの大家は横浜市で家賃も激安らしい。

2020年のオリンピックはこんな渋くて素敵な遺産を残せるだろうか。

N1162018

 Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax