analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

Silvermaxをスキャンする

前回エントリに引き続きAdox Silvermaxの話。

現像から上がって来たフィルムをスキャンしようとしたら、フィルムがマイナーすぎるのかSilverfastのNegafixにはこのフィルムのプリセットがない。フィルム自体の需要が殆どないこのご時世、スキャナソフトの開発元も開発リソースをつぎ込む理由がないのかもしれないけど。

このフィルムはAgfa APX100に似ていると聞いていたので、Agfaのプリセットならあるだろうと思い探したが、なぜかAPXのプリセットがない。他のAgfaカラーネガのプリセットはあるのに。 

 

文句を言っても始まらないので、そこそこ近そうなプリセット探してみた。

このSilvermaxというフィルムはAdox SCALAと同じ中身なので、ポジ現像したSCALAライトボックスで覗きながら、SCALAに割と近い雰囲気のプリセットを探してみた結果、Kodak Tmax100が多分一番近い…ように思う。

Ilford Delta100も近いような気もするしFP4 Plusもそこそこいい感じなんだけど、SCALAの比較と当時の露出の記憶から多分Tmax100。

Silverfast Negafix preset comparison

Silvermaxのネガをいろんなプリセットで処理した比較画像をflickrにアップしたので気になる方はそちらをご確認いただきたい。

 

そんな今年の8月下旬はあまりにも暑すぎて、ルーティンとなっているあてもない散歩をするもほぼ半分脳死のカメラを持ったゾンビ状態。この1ヶ月で「暑い」と「死ぬ」と「もう働きたくない」と「太陽死ね」と「シャワーは神の発明」を何回口にしただろう。

 

東銀座の裏通り。

かつて都内最古の地下街に数えられた三原橋地下街は、残念ながら解体され埋め戻されたけど、三原橋交差点の近くにはまだこんなに渋い裏通りが残っている。中華三原のタンメンも素朴な味でいい。

それにしても、交差点の地下に映画化と飲食店を組み合わせたあの小粋な地下街は、小さな頃の自分には都会の暗部のようにも見えたけど、きちんとリノベーションすれば面白い場所になったと思われるだけに解体は残念だった。

N1212018

Bessa R3A/Summaron-M 35mm F2.8/Adox SCALA

 

金沢動物園。気温36度。

バスに揺られて急傾斜をえっちらおっちら上がっていた先にある動物園。命の危険を感じる湿度と気温のせいか、休日にも関わらず動物園は閑散としていてうっすら場末感を感じた。関東でも指折りの長い滑り台があるので、気温と湿度さえどうにかなってくれれば楽しそう。

N1192018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax 

 

 

神奈川のおっさん聖地といえば野毛。大貫カメラもある野毛のお祭りの列にお邪魔。

元気な個人商店で成り立っている街はやっぱりいい。そんな街の大人と子供がお祭りに参加している光景がいい。資本に汚されていない光景がいい。

N1182018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax  

 

野毛といえば都橋商店街。この川沿いの年季の入ったビル。渋い。

名前は商店街だけど、この100m程の2階建ビルの中にスナックやら飲み屋がぎゅうぎゅうに詰まっている。そもそも東京オリンピックの際に露店を集約させるために建てたものなので、もちろんビルの大家は横浜市で家賃も激安らしい。

2020年のオリンピックはこんな渋くて素敵な遺産を残せるだろうか。

N1162018

 Bessa R3A/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax 

 

Adox Silvermaxは凄いフィルム

現像から上がってきたSilvermaxのネガをスキャンして驚いた。これはちゃんとプリントしなきゃダメだなと反省した。

メーカーの受け売りじゃないけど、このフィルムは階調が豊かで暗部の分離も良く、粒状性も驚くほど優秀。もしかしたらズミクロン50mmとの組み合わせがよかっただけなのかもしれないけれど、そこらへんのデジタルカメラで撮ったRAWをLightroomで丁寧に現像した写真よりも繊細で、自分の写真の腕が二階級特進したのかと思った。

N1122018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Adox Silvermax 

 

粒状性が良いモノクロフィルムといえば富士のACROSがまず思い浮かぶけど、あちらは精緻かつ軽やかな印象である一方、Silvermaxは精緻ながらドスンと重い感じ。きれいに削った5Hから2Bくらいの鉛筆を順に使って丁寧に線を重ねて影を作っていった様な。そんな印象。

N1112018

Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Adox Silvermax 

 

このフィルムはその性能を引き出すための専用の現像液がある。これは次回試してみたい。劇的に何かが変わると云うことは恐らくないと思われるけど。

N1152018

 Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Adox Silvermax 

 

富士のACROSがディスコンになった後は、多分このフィルムがACROSのポジションになるんじゃないかと勝手に考えている。さすがにACROSのコスパには勝てないとはいってもSilversalt.jpさんで10本セットで買えば1本あたり800円程度だし。

N1142018

Silvermaxは価格もこなれていてとても好みのフィルムなのだが、夜の路地裏なんかを撮るとAdox SCALAのような重厚さを感じる。

Silversalt.jpさんによるとSilvermaxとSCALAはどちらも同じフィルムなのだそうで、Silvermaxをリバーサルフィルムとして現像したい場合はISO160のフィルムとして使えばいいらしい。わざわざ名前を変えて売るAdoxの意図がどうにも解らない。

filmmer.hatenablog.com

ちょっと前に現像から上がってきたSCALAと今回使ってみたSilvermaxを比べてみると、後者の方が若干精緻さが上のようにも感じる。現像の違いが原因なのかもしれないし使ったレンズの差かもしれないし、気持ちの問題かもしれないけど。

ここら辺の違いはゆくゆく試してみたいと思っている。

 

ライカM6かMPが欲しくなってしまった件。

ここ数週間、猛烈に35mmのフレームが欲しくて仕方がない

現在持っている唯一のフィルムカメラであるBessa R3Aは、ファインダーに40mmフレームまでしか表示されないのだが、倍率1倍の素通しファインダーは両目で覗くと風景の中にフレームが浮かぶ様で、50mmレンズを付けてぶらぶら散歩しつつファインダーを覗くととても気持ちがいい。

先日ズマロン35mmを買った際に一瞬「35mmフレームがあったらいいな」と思ったけど、ファインダー内の40mmフレームをレファレンスに数十枚写真を撮ってみたところ、フレームの中に予想だにしないモノや人が入り込まなかったので脳内35mmフレームはそこそこ優秀だなぁ…と感じたものだし、事実今までのところ脳内35mmフレームがちゃんと仕事をしているので、写真を撮るという意味ではなんら問題はない。

filmmer.hatenablog.com

 

ところが、先日うっかりM10-Pを弄ってしまったのである。

デジタルライカに興味がない(モノクロームは除く。あれは強烈に欲しい)ので、M10いいなーとかM10-Pいいなー…なんてことにはならなかったのだけど、35mmのフレームがあるとやっぱりいいな、と云う心持ちになってしまった次第なのである。

じゃあBessa R2を探せばいいじゃん…と云う話なんだが、もう正直に白状すると35mmフレームの付いているライカが欲しくなってしまったのである。ある程度状態が良くて露出計がついてるやつ。

 

www.mapcamera.com

イカは触っちゃダメだね。

遠くから眺めてる分には問題ないけど、うっかり触っちゃダメ。触覚に訴えかける何かがあって、あの重さとか手の中での収まりだとか、パーツの感触だとか。物としてとてつもなく良く考えられていて、触っているうちに取り憑かれる。取り憑かれた後に他のカメラを触ると漏れなく「あれ、これ違うな」と云う心持ちになる。

そんな訳で、ここ数日もうそれこそ職場で家で、移動中であっても状態のいいM6がないかネットを徘徊している。うっかりするとMPの新品が欲しいとか思ってたりする。また悪いことに数日おきに変な魔が差して、ライカアラカルトってのも悪くないんじゃないか…なんて心持ちになったりもする。

魔が差した勢いでオーストリッチ革貼りにしてノブをクランクに変更して、ブラックペイントをブラッククロームに変更して見積もりしてみたらとんでもない金額になっていてたまげた。

jp.leica-camera.com

こうやって諸先輩方はライカ沼に落ちていったんだろうなぁ。

自分の場合はBessaに付けるレンズにうっかりズミクロンを選んでしまった時点で、遅かれ早かれこの沼地に落ちる運命だったのかもしれない。

どこかに程度のいいM6かMP、落ちてないかなぁ。

あまりにも暑すぎて写真が撮れない。

関東地方が何日連続で熱帯夜だったか途中まで数えたが、あまりの暑さにうんざりして放り投げた。

6月中に梅雨明けと言われた時に何となく嫌な予感がしていたが、人として許容できる気温・湿度を超越した恐ろしい暑さが続いている。仕事なんてしていたら脱水でうっかり死んでしまった…なんてことが起きても不思議ではない。

危険極まる日々である。

厚労省文科省は今からでも遅くはないので警察、消防、医療機関を除く全ての事業者へ出社・登校をさせないよう速やかに通達を出すべきだ。自宅で出来る仕事を、わざわざ職場まで出向いてやる意義が全く解らない。

N1062018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Tri-X 400

暑さに加えて湿度も冗談みたいに高い。

カメラをぶる下げて家を出ようもんなら、レンズが結露するんじゃないと思うくらいに湿度が高い。お陰様でここ最近は外にも出ず、家の中で本を読んだり映画を観たりする時間が増えてしまった。あまりに家にいる時間が長すぎて、気がついたらソウル・ライターの写真集を買ってしまった。

出かけるにしても手近なところをぶらぶらするか、近所の八百屋に買い出しに行くかくらいしか家を離れない。暑さで命を落とすことはないかもしれないけれど、それはそれでとても不健康な生活なのである。

N1082018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Tri-X 400

外出しないので、当然写真も撮らない。

驚いたことに7月上旬に詰めたと思われるTri-Xを撮り終わるのに丸々1ヶ月を要してしまった。現像から上がってきたフィルムを眺めていて、いつどこで撮った写真か覚えていないカットまであったりして、あまりの暑さに遂に若年性認知症になったのではないかと我が脳を疑った。

N1072018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Tri-X 400

ところで、今までKodakのモノクロフィルムはTmax400ばかり使っていたので、ちゃんとTri-Xを使ったのはこれが初めてだったのだけど、試しで使ってみたTri-Xの描写はとても好みだった。こってり油彩のTmaxと超細かい砂絵のようなTri-X…という感じ。いいなこのフィルム。

まだまだ夏っぽい日差しが続くので、しばらくはTri-Xを使ってみようかと思う。

 

 

 


 

富士フィルムがモノクロフィルムの再生産を検討しているらしい

こないだモノクロフィルムの生産やーめた!…って言ったばっかりじゃんというツッコミを入れたくなる展開。

先日のACROS生産終了のアナウンスには本当に驚かされたが、富士フィルムは落胆したフィルムユーザーの声にきちんと耳を傾けていてくれた。残念ながらACROSの生産終了が撤回される訳ではなく、全くの新規でモノクロフィルムを作るとのこと。やるじゃん富士フィルム

過去の遺産の焼き直しではなく、全くの新規でフィルムを設計するというところが素晴らしい。ACROSを超えるフィルムが発表されることを楽しみに、富士フィルムからの公式アナウンスを待つことにしよう。

 

N0982018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Fuji ACROS

それにしても今年の東京は暑い。

毎年夏になると日本の湿度と暑さに悪態を付いているが、今年の暑さには悪態をつく体力すら奪われている。東京の週間予報を見ると気が滅入るので、ここ数日は埼玉県の週間予報を見るようにしている。都内も地獄だけどさらに(と言っても2,3℃の差だけど)深い灼熱地獄があると思うと少しだけ気が楽になる…ように思う。

N0972018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Fuji ACROS

こうも毎日暑いと、社会の仕組みを見直す時期にきているんじゃないかと思う。

これから日本はどんどん暑くなるんだし、ただでさえ風水害が多い国なんだから毎朝仕事場やら学校なる場所へ通うという、全くもって馬鹿馬鹿しい不毛な行為をやめればいいのにな、と思う。そうすれば無駄な電気を作って通勤電車を動かす必要もないし、より持続可能な社会になると思うのだけど。

 

短い梅雨の思い出

夏が始まってしまった。

今年の梅雨はあまり暑くもなく湿気も少なく、夜になれば風も気持ちよくて随分と快適だなぁ…なんて思っていたら、あっさり梅雨が終わって地獄のような夏が訪れてしまった。平均よりも20日程早い梅雨明けということは、地獄のような暑い日々が20日分多くなる訳で、まだ7月のはじめなのに既にげんなりしている。

そんな短かった梅雨の合間に、Portra400を詰めてぶらぶら散歩した際の写真。

N0892018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

身体に巻きつくような湿気はたまらなく鬱陶しいが、フィルムが捉える湿気感はとても良い。色んな色の紫陽花が一気に咲くと思いの外華やか。

 

N0912018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

 どんよりした曇り空の横浜をぶらぶら。大さん橋にはサファイアプリンセスが停泊していたんだけど、あまりの船体の大きさにスケール感覚がおかしくなりそう。

 

N0902018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

 山下公園にむかってビール片手にぶらぶらの続き。色味を弄らずにSilverfastでスキャンした結果がこれ。この渋い湿度感、好きだなぁ。

 

N0942018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

東京へ帰還。有楽町のガード下は湿度と煙が雑踏の中に充満している感じで、横浜に比べるとどことなく空気に重量感がある。東京の湿度はドスンと効いてくる。そんな感じ。

 

N0962018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Kodak Portra400

イカとか云う会社の路面店が銀座にあることは知っていたけれど、遂にその場所に到着してしまった。どうも営業時間は19時までらしく、うっかり入店してMPくださいとかやらずに済んだ。危ないところであった。

 

 

2018年上半期の道楽写真を振り返る

今週のお題「2018年上半期」

気がつけば2018年も半分が終わってしまった。1月から3月までの記憶が薄らぼんやりしていて何をやっていたのか思い出せないのだけど、毎年のように4月に花見をして新入社員だの新入生だのでぎゅう詰めの電車に揺られて仕事して、梅雨かー嫌だなー…なんて憂鬱になっていたら、あれよあれよと夏になってしまった。そんな半年間。

仕事はそつなく道楽はぼちぼち。

 

Plustek Opticfilm 8200iがとても良かった件

2018年上半期の一つのハイライトは、あまり期待せずに買ったフィルムスキャナが予想以上に良い買い物だったこと。ちょっと理不尽な説明書とSilverfastのインストール儀式さえ通り過ぎれば、解像感も色味も素晴らしい。以前のエントリで業者さんにお願いしたスキャンとの比較もしているので、このスキャナが気になっている方はチラ見して欲しい。

filmmer.hatenablog.com

 

恐怖!ライカ沼!

2017年に引き続きレンジファインダー偏愛を続けてきたが、2018年はどういう訳かちょっと財政事情がよかったので、これまたどういう経緯か思い出せないがズマロン35mm F2.8を買ってしまった。気がついたら店員さんが包んでるんだけど、これくださいコールをした瞬間をあまりよく覚えていない。

filmmer.hatenablog.com

買う寸前まで現行ズミクロン35mm F2と悩んだが、解像感も色のりも全然現行品に負けてないどころか、あっさりした描写の現行ズミクロンに比べて「写真的な」写りをするズマロン。良い玉を引いた。カラーネガでもよしモノクロでもよし。

無限遠にフォーカスを動かしていくと驚くほど上品にフォーカスロックがかかる仕組みとか、工業製品として恐ろしく良くできている。タイムマシンがあったら1960年のドイツまで買い付けに行きたい。

filmmer.hatenablog.com

ところで2018年5月末にライカは現行フィルムカメラの一つM7をディスコンにした。AEが使える唯一のフィルムライカだっただけに残念な気持ちになったのだが、このニュースが私の物欲スイッチを押してしまったらしく、MPかMAの新品が欲しくてたまらない病が一進一退している。

petapixel.com

 

 

復活するフィルム・消え去るフィルム

随分前にコダックがエクタクロームの再生産をアナウンスした際は、「コダックが本腰入れるということはフィルムの復権は近いんじゃないか…」なんて本気で思っていた。

先日フィルムカメラを特集していた号のコマーシャルフォトをペラペラ眺めていたら、確かにフィルムカメラを使い始める人たちと使い続ける人たちは一定数いるらしいのだが、フィルムの出荷量はあまり変わっていないらしい。日本ではちょっと改善、欧米とアジアでは引き続き現象傾向なんだとか。チェキは異常に売れてるのにね。

 

復活するフィルムがある一方で消えゆくフィルムもある。

フジがACROSの生産終了をアナウンスしたのは正に青天の霹靂であった。社名に「フィルム」って入っている会社がフィルムの生産やめたらダメだろうし、このフィルムの素晴らしい解像感、粒子感はモノクロフィルムとして一つの到達点なのだから、何が何でも生産は続けて欲しかった…なんて恨み節をいくら並べ立てたところで、生産終了というフジの決断が覆ることはないだろうし、そもそもこんなにフィルムの出荷量が少なくなっている現在まで製造を続けたフジに感謝すべきだと思う。

filmmer.hatenablog.com

 

復活したフィルムといえば、かつてAGFAが製造していたSCALAという唯一無二のモノクロリバーサルフィルムがAdox社から再販されている。製造再開自体は数年前だったと思うが、先日ようやく使うことができた。

現像から上がってきたスライドを光にかざして思わず「すげえなー」と呟いた。スライド越しに感じられる立体感、空気感、湿度感。現像できる業者がとんでもなく限られるけど、しばらくは定期的にこのフィルムを使ってみようと思う。

filmmer.hatenablog.com

 

2018年下半期の予定は未定。もしかしたら清水の舞台から飛び降りてMPとか買っている可能性はあるけど、着地失敗して塩かけご飯の毎日になる恐れもあるので慎重に行こうと思う。