analogue life

フィルムカメラと美しいもののこと

2018年はどんな写真を撮ろう。

2017年の最後に現像に出したフィルムはKodak Ektarでした。

Portraばかり使い過ぎたせいか、初めてEktarで撮った写真の出来が悪かったせいか、どうにも個性が薄くあっさりした印象が拭えなくて敬遠していたこのフィルム。苦手意識を植え付けないためのリベンジマッチは上手くいった、かな。

N0702017

 Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Kodak Ektar 100

 

N0712017

  Bessa R3A/Summicron-M 50mm/Kodak Ektar 100

 2017年は私生活がとても忙しかったけれど、失っていた写真への興味を取り戻した年でした。 きっかけはふと手にしたレンジファインダーカメラ、Bessa

一眼レフを使っていると、どうしてもファインダーの中にどう被写体を「収めるか」ということばかり考える一方で、レンジファインダーはどう世界を「切り取るか」ということを考えされられる。写真を撮るということは同じでもアプローチがまったく違うカメラを手にしたことで、写真が一段と面白くなった。

 

菅原一剛氏のコラムで目にした荒木経惟の「うまく撮れねぇなと思ったり煮詰まったらカメラ変えろ!そうしたら自動的に写真が変わるから!」という言葉はとても的を射ていると感じた一方で、ふと嵌ってしまったレンジファインダーからしばらくは抜け出せないだろうと確信した2017年末。

今年は去年よりたくさん写真を撮ることになるだろうし、日常のさりげない写真は変わらずBessaとフィルムで撮り続けるだろうけど、内心ライカM10が気になりだしている。

まずは、仕事を頑張らなきゃいけない訳だけど。

BESSAを修理に出す。

手元にある唯一のフィルムカメラであるBESSA R3Aのシャッターが突然落ちなくなったので急いでコシナさんに修理に送ったら、きれいに修理点検されたカメラが戻ってきた。発送してから2ヶ月待ったけど、丁寧な仕事ぶりにはただただ感謝。

続きを読む

やってしまった。

iPhoneは3Gからずっと使っているけど、いつも画面を派手に割ってしまう。

大体は酔っ払って歩いていてすっ転んで割るか、胸ポケットからスルッと落ちて(なぜかいつも)打ち所が悪くて一発アウト。

画面を割る度に反省はするんだけど、ケースにiPhone入れるのって小市民的で嫌なんだよなぁ…なんて言っているうちにまた割る。本当、学習能力ないなぁ。

f:id:filmmer:20171015222357j:plain

SIGMA DP1 Merrill

 

 

夏の終わり。

すっかり肌寒くなってきた10月中盤。2017年の夏も終わり。

海水浴客もいない、サーファーもいないベタ波のとある日の一枚。

この一枚を撮ったあたりから、手元にある唯一のフィルムカメラBessaの調子がおかしくなってきたので、コシナへ送ったら基盤ごと交換なのだそう。前のオーナーが随分と丁寧に扱ってくれたカメラだったけど、生産からそろそろ10年も経つんだから、次第にガタがくるのは仕方がないのかもしれない。

それにしても、生産終了から時間が経っているにも関わらず、きちんと修理をしてくれるコシナはいい会社だなぁ、。

N0632017

  Bessa R3A / Leica SummicronM 50mm / Kodak Portra400

 

撮った写真を本にする。

北朝鮮の電磁波パルス攻撃だとか、Xクラスの太陽フレアのニュースを聞きながら、iPhoneやらMacのハードディスクに溜め込んでいる写真の安否をぼんやりと考えていたら、Blurbから注文していたフォトアルバムが届いた。

N0622017

 Fuji Xpro1 35mm 1.4

続きを読む

江ノ島で夕涼み。

夕陽と海の音楽会にて。

松浦俊夫が流す素敵な音楽を聴きながら、江ノ島灯台の下のデッキに寝転んでワインなんぞをすする。贅沢な夕涼み。

N0592017

 SIMGA DP1Merrill

 

だって夏だもの。

陽が傾いてきた頃に、ビール片手に由比ヶ浜までふらり。

N0572017

 Bessa R3A / Leica SummicronM 50mm / Kodak Portra 400