analogue life

フィルムカメラと美しいもののこと

江ノ島で夕涼み。

夕陽と海の音楽会にて。

松浦俊夫が流す素敵な音楽を聴きながら、江ノ島灯台の下のデッキに寝転んでワインなんぞをすする。贅沢な夕涼み。

N0592017

 SIMGA DP1Merrill

 

だって夏だもの。

陽が傾いてきた頃に、ビール片手に由比ヶ浜までふらり。

N0572017

 Bessa R3A / Leica SummicronM 50mm / Kodak Portra 400 

 

こんなこともある。

Ilford Delta100がパー子ちゃん。

f:id:filmmer:20170717152330j:image

iPhone SE

 

ILFORD DELTA400と夜歩き。

田舎育ちの僕にとって、フィルムといえば長らくフジかコダックの2択だったこともあり、どうにも舶来メーカーの横文字に弱い。アグフアゲバルトとかフェラーニアなんてメーカー名を聞くと、写りがどうこう以前に無条件でワクワクしてしまうのは、育った環境のせいだと信じている。

イルフォードもそんな田舎育ちの僕の琴線に、その名前の響きだけで触れてしまったメーカーのひとつ。そんなイルフォードのデルタ400をBESSAに詰めて夜散歩してきた。

 

N0132017

 Bessa R3A/SummicronM 50mm F2/Ilford Delta400

 

続きを読む

iPhone Rawのこと。

久しぶりに歩いた渋谷は、汚くてうるさくて、安っぽい街に成り下がってた。
ファストフードとファストファッションと、けばけばしい土産物屋みたいな店で埋め尽くされていて、まるで地方のモールに入っている店を細切れにして街中にばら撒いた感じ。

元気なレコ屋があるわけでなく、気鋭デザイナーの服を扱う店があるわけでなく、ヘンテコな本屋があるわけでもない。ただただ、過去の繁栄を引きずりながら外人に媚を売る"Shibuya"という街。

土着文化がなくなって、更地になった渋谷を東急が必死に再開発して金儲けをしようとしているけれど、土着文化のなくなった街を再開発したところで、より地方のモールっぽい「商業地区」としての街にしかならない訳で、そりゃ没落もするわなぁ…としみじみ感じた今日。

どんより曇りの土曜日。

N0492017

iPhone SE/ProCam4/VSCO film 4

 

続きを読む

無性にたべたくなる。

時々無性にたべたくなる辛いもの。

五目味噌野菜増し。蒙古タンメン中本品川にて。

からうまが止まらない。

N0482017

SIGMA DP1M

 


 

やっぱりPortra400が好き。

市販のカラーネガフィルムが段々と少なくなる中、気が付いたらKodakのPortra400ばかり使っている。

露出オーバー気味で撮れば淡い色合いなんだけど芯がしっかりしていて、夜でも(酔っ払っていても)気合を入れて固定すれば手持ちでもどうにか撮れるのが嬉しい。

露出アンダー気味で撮れば色乗りは鮮やかめで、粒状感はデジタルのISO400に比べればきちんと乗ってくるんだけど、この湿気を含んだ空気感はやっぱりデジタルには中々真似ができない。

あとはこの価格さえどうにかなってくれれば…。

 

N0392017

BESSA R3A, SummicronM 50mm, Kodak PORTRA 400. 

N0382017

 BESSA R3A, SummicronM 50mm, Kodak PORTRA 400.

N0372017

 BESSA R3A, SummicronM 50mm, Kodak PORTRA 400.