analogue life

シンプルな暮らしとフィルム写真のこと

癒しメディアとしてのラジオ 

まだ薄暗さが残る午前6時、半分夢の中にいる僕はベッドサイドに置いたラジオを手探りで探す。

スイッチをひねると1秒ほどの間を置いてスピーカーから賑やかな話し声が聞こえてきたのでダイヤルを掴んで周波数を落としていく。

 

89MHz...…話し声がノイズに変わる....…88MHz...…ノイズ……84.5MHz...…何やら話し声が聞こえた気がする...…たぶん83MHz...……優しい音楽が耳を掠める...…82MHz...すがすがしい合唱にダイヤルを回す手を止め、暖かい布団に手を引っ込めて再び眠りに落ちる。

 

30分くらい眠っていただろうか。

夢の中にピーター・バラカンさんの優しい声が届き今日が土曜日だということに気付いた僕は、脇の下で丸くなって眠る猫をふわふわ撫でてキッチンへ向かい、いつもより濃いめに淹れたコーヒーをたたえたマグカップをラジオの隣に置きベッドに滑り込む。

うたた寝の再開だ。

 

 

実は今週半ばから数日休みを頂いている。

数週間前に猛烈な虚無感に襲われ仕事へのモチベーションが完全に萎んでしまったのだ。やる気ねえのかよ!ってハッパかけられたら無言で俯いちゃうくらい今は何もやる気がなくメールを開くことすら億劫になり、会議室に行くにも一大決心が必要になってしまった。

 

行動する気力がないのに焦りだけが募る。このままサボるとやばいぞという恐怖感とあと何年この生活が続くのだろうという強烈な絶望感。滑って転んで無気力と恐怖と焦りのゆりかごに落っこちた感じがバーンアウト一歩手前っぽいヤバさを含んでいたのでまずは休むことにした。公私にわたって休みがなさすぎた。

 

「あと何年この生活が続くのだろう」という絶望感は、仕事場にフィットする能力が落ちている場合は特に重量感のあるパンチだと思う。

誰しも生まれつき会社や組織にフィットしているわけではなく多少の無理をして自身をフィットさせているのだが、あまりに無理をして元の形と違う形を演じていたり過労が重なると、自分自身がひん曲がっちゃうか場合によっては折れてしまう。

 

高校や大学には明確な卒業があるので晴れ晴れとした気持ちでリセットできるけれど、職業人生はそう簡単にリセットできないし、卒業したとしてもヨボヨボの年寄りになってからなのだから仕事にうまく人生を合わせてやらなきゃならないが、僕のように歪な形をしている人間にとってはこいつが中々ハードモードだ。

 

今週の僕はあと何年この生活が…に続いて「もう後に引けない年齢よね…」というワンツーパンチを喰らい、普段ならかわせる嫌味も無視も人を見下した(と思しき態度)もノーガードで全部食らって撃沈してしまったのだ

早く会社員人生から卒業したい。

RICOH GR III: もう一度学生からやり直せるなら本を書く人かラジオを作る人になりたかったな

 

そんな後ろ向き感でいっぱいの頭をどうにか空っぽにし、ベッドでゴロゴロ寝ながら日がな一日中ラジオを聴いていると、改めてラジオはとても優しいメディアだなぁって思う。

ラジオから聞こえる話題はSNSに溢れるようなポジショントークじゃないし、日本社会的ないじめの構造の片鱗が見え隠れするTVバラエティのようないやらしさもない。パーソナリティの声はいつも優しいし、面白い音楽がかかってる。ビジネス本のような思想の押し付けも少ないのもいい。世界の墓参りしてる人とか、東京で縄文人やってる人みたいな面白い人が自分の知らない話題を振り撒いているのもいい。

filmmer.hatenablog.com

まとまりのない記事になってしまったけれど、僕のように日々の生活に疲れてしまった人とかバーンアウト一歩手前に進んでしまった人はちょっと休みをとってみてほしいしラジオを見直してみてほしい。すごく癒されるから。

ラジオに興味を持ったらぜひダイヤル式のものを選んでみてほしい。

それにしてもいい加減そろそろ社会人卒業したいな。

今週のお題「卒業したいもの」

文章は短く粒度は荒めに

文章を書くのってむつかしい。

最近文章を書くことがすごく楽しいんだけど、それでも言いたいことを丁寧にまとめてわかりやすい言葉で整えることができず、言葉にならないモヤモヤだとか形を与えられない思いに手を焼いているうちに、それらの思いは日々の時間の中でばらばらに分解され消えていってしまう。

このブログに関していえば、書いている途中で迷子になってしまったような非公開メモのようなものが死屍累々と積み上がっていて、物によっては書いた本人が赤面しそうな意図がわからないポエムだったりする。

 

 

僕はやる気と興味はあるけど文才がない人の典型なのだと信じている。

一方で文章を丁寧に書く時間を確保することも難しくなっていることも事実だ、。これは文章を読むことも同様で、この忙しい毎日の中では誰しもがブログの文章や雑誌のコラムを読む時間も必然的に限られてしまう。長文のブログや記事はちょっと辛い。

床に積んでおけばいつか手に取れる本と違い、ブログの記事はネットの大海に飲み込まれて何処かに消えてしまう前に読むなら覚えるなりしなきゃいけないし。

 

 

時間と才能がないくせに文章を書くことが好きというこの困った状況を打開するために、最近はひとつの話題を600-800文字程度の荒めの粒度でまとめることを習慣にしている。

これは僕の大好きな野村訓一さんのラジオ番組スクリプトに使われる文字数を調べてみたら、1時間番組で3,000文字近辺だったので、心地よく話を聴ける文字量を3,000文字程度だと想定した事による。

 

もちろん読むことと聞くことは違うけれど、人様の隙間時間を15分ほど頂いて読んでもらうことを想定すると1記事で大体600-800文字、多くて900文字だろう。この文字数ならば僕のような文才ない人間でも脱線せずにどうにか話をまとめられるので、ブログを習慣化したい人は話題と同時に文字数と内容の粒度を気にしてみてもいいかもしれない。

(845文字)

 

今週のお題「習慣にしたいこと・していること」

週末のラジオがおもしろい

ラジオが好きだ。

芸人同士のいじり合いもなければ年寄りの政治論争もないし、画面を通してセットの安っぽさを感じることもないし同調を強いるようなテロップの垂れ流しもない。楽しく喋ってますから気になったら耳を傾けてくださいね、みたいなお気になさらず感が好きだし、自分の知らない世界の話をしてくれたり素晴らしい音楽を教えてくれるラジオ番組は貴重な存在だと思う。

もちろん芸人が喋り散らかす番組もあるけれど、テレビやYoutubeに比べて圧倒的に大人向けなコンテンツが多いのがいい。

あまりにラジオが好きなので2023年9月時点で僕の好きな週末の番組をだーっと並べ立てて紹介する。選考基準は新しい音に触れられる番組、知らない世界を垣間見せてくれる番組、聴いていて疲れない優しい番組なのでぜひチェックしてみてほしい。

首都圏の番組ばかりだけど、気になった方はぜひRadikoで聞いてみてほしい。

続きを読む