analogue life

シンプルな暮らし

嵐の前の観音崎を歩く

台風19号が首都圏を直撃する前日に、何故かふと観音崎の思い出が頭をよぎった。

最後に観音崎に行ったのは数年前。友人達と横須賀中央駅から浦賀駅を目指して散歩している途中に観音崎に寄ったのが唯一の観音崎訪問だったのだが、あの頃は結構な時間仲間たちと歩き続けた記憶がある。

 

今回は全くの思いつきで足を観音崎に向けたので予定は未定。

最近気に入っているM6とSummicron-M 50mm(4th)のセットに加えてDP1 Merrill、Summaron-M 35mm F2.8、Elmarit-M 90mm F2.8をかばんに詰めたら予想以上の重量になった。当たり前だけど機材って重いんだよね。

今回の散歩で使用したフィルムは全てAdox Silvermax。現像は自宅キッチンで行なった。

f:id:filmmer:20191019220719j:plain

LEICA M6/Summicron-M 50mm F2(4th)/Adox Silvermax

ひとり単調な国道を歩き続ける時間も体力もないので横須賀駅まで行って観音崎ゆきのバスを捕まえる。横須賀駅から観音崎までは35-40分程度。あまり便数はない。

観音崎に到着しぶらぶら散歩していると、長玉をつけた一眼レフを海に向けながらスマホを弄り続けるおじさま達の姿があちらこちらに。

おじさま達の砲列の先に目をやると海上自衛隊の艦艇が…それも一隻や二隻ではなく潜水艦まで沖合に向けてどんどん出航していくではないか。軍事方面にあまり詳しくないので知らなかったのだが、台風避泊というやつらしい。

おじさま達は艦艇に向けて熱心にシャッターを切るけれど、90mm以上のレンズを持っていない私は船を撮ることはできずに歩き続ける。 

f:id:filmmer:20191019222200j:plain

LEICA M6/Elmarit-M 90mm F2.8/Adox Silvermax

初めて観音崎を訪れた時に私の心を鷲掴みにしたのがこれ。

旧海軍が東京湾に侵入した敵国の潜水艦の音を検知するために作られた水中聴測所の遺構なんだけど、近づくことのできないこの遺構を初めて目にした時のあの気分を今でも忘れない。

海岸沿いの散歩道を歩いていると観音崎らしい岩場に出る。せっかくだから散歩道から砂浜へ降りて岩場を少し散歩。観音崎は長い時間の積み重ねの末にできた岩場所々に顔を覗かせる。海上自衛隊の艦艇に混じって貨物船が水平線の上を進んでいた。

f:id:filmmer:20191019231447j:plain

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Adox Silvermax

最近出番が減っていたけど、やっぱりズマロン35mmは良く写る。最近値上がりのペースがさらに上がって並品が20万円代になってきたようだ。このレンズが枯渇すると個人的に困るのでみんな買わないで欲しい。

 

岩場を少し進むと打ち棄てられた人工物が視界に入ってくる。

独特の岩場を形成している観音崎周辺にあって、この柱の残骸のような構造物は異彩を放っている。随分と年代を感じる残骸の遥か彼方をゆっくりと海上自衛隊の艦艇が沖合に向けて進んでいた。

f:id:filmmer:20191019221330j:plain

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Adox Silvermax

後日この柱の一部と思われる人工物のことを調べてみたら、どうもこれは戦争遺構でもなく打ち上げられた何かでもなく、関東大震災で被災しその後解体された観音崎灯台の残骸のようだ。

www5d.biglobe.ne.jp

風が次第に強くなり雲が厚みを増してきたので、浦賀駅まで歩くのはやめにして帰りのバス停に向かって引き返す。道中太陽が顔を覗かせ水面をキラキラと光らせ始めた。

f:id:filmmer:20191019220530j:plain

LEICA M6/Summicron-M 50mm F2(4th)/Adox Silvermax

急いで灯台に登り眼下の海を撮ってみる。水平線の向こうの稜線と雲が美しかった。

嵐の前の一瞬の晴れ間。水中聴測所の遺構とそこに向かう小さな岬の地形が、厚い雲の雰囲気と相まってどことなくMYSTの世界を思い起こさせる。

f:id:filmmer:20191019234051j:plain

SIGMA DP1 Merrill

f:id:filmmer:20191019232323j:plain

LEICA M6/Summicron-M 50mm F2(4th)/Adox Silvermax

バス停に向かう道中、茂みの中から大きな鳥が出てきた。

自分でも恥ずかしいくらいに鳥の知識がなくて困る。次出かける時は野鳥図鑑でも買おうかな。

f:id:filmmer:20191019233600j:plain

LEICA M6/Elmarit-M 90mm F2.8/Adox Silvermax

バス停で路線バスを待つことしばし。

やってきたバスの運転席の後ろの席に腰を下ろし、つい数時間前に来た道を帰る。無い時間をどうにかやりくりしてぶらぶら歩きをした今回の短い散歩はこれでおしまい。

この後急いで銀座まで出て人生初のハズレ個体を摑まされる羽目になるのだけど、その話はまた次回。

f:id:filmmer:20191019234324j:plain

LEICA M6/Elmarit-M 90mm F2.8/Adox Silvermax