analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

Rolleicord IV

脳が極度に疲労したので中判フィルムカメラひとつ持ってぶらぶらする。

コロナ騒動と本業の激務が重なり中々外に出られない日々が続いている。 ここ最近気付いたのだけど、人と話をしたり行動を共にすると知らず知らずのうちに脳の疲労が溜まってしまうらしい。 昔はそんなことなかったのに、最近同僚の喋っている話や家族の問い…

冷やしロジナールはいかが?

市販された最古の現像液はロジナールだと思う。 特許の成立が1891年なので2020年で齢129歳になる超古参の現像液であり、2つの世界大戦を超え3つの世紀にまたがって未だに製造が続けられる現役の現像液。 保存性もいいし高希釈で使えるし価格も安いしビシッと…

中判フィルム写真の心地よさ

中判フィルムカメラが自分のメインになってしばらく経つけれど、気がついたら35mm判フィルムカメラをめっきり使わなくなってしまったのであります。35mm判の縦横比がどうにも収まりが悪いような感覚から始まった中判スクエアフォーマット偏愛の内訳を少しま…

中判フィルム写真の勘所

年末年始は大掃除やら親類への挨拶で忙殺されていた。 前回の引越しで紛失していたと信じていたSIGMA DP1Mの充電器とバッテリーが書類の束の中から出てきたり、ほとんど忘却の彼方にあった固定資産税の振込用紙が仕事の書類の隙間から出てきたりするので年末…

Rolleicord IVと年末の横浜を歩く

松村カメラサービスさんで綺麗に修理してもらったRolleicord IVをぶら下げて年末の横浜を歩いてきた。最近めっきり使わなくなったIlford Delta 100を詰めて寒い日の横浜を、赤レンガ倉庫から元町商店街に向かってあてもなくぶらぶら歩き。 二重像でピントを…

Rolleicord IVを買った

こんなことをツイートしている時点でお会計まで一直線なんですよね。 たのむ!とまれおれ!! pic.twitter.com/QZWj0TYQOe — 𝙩𝙤𝙨𝙝𝙮𝙞𝙚 (@toshyie) October 9, 2019 で、気がつくと1953-1954年製のお爺様がプチプチでぐるぐる巻きにされお会計。やってしまった…