analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

旅するカメラとしてのライカ

改めてM型ライカの良さを知る。

旅カメラというジャンルがあるとすれば、ライカは正に旅カメラの王道じゃないだろうか。今回数週間の旅をM6と共にしてその良さを改めて実感した。

堅牢でありながら取り回しが軽快で、シャッター音もおとなしい。ポートレートだとかストリートを撮るのであればこれほど頼もしい機械はない。レンズも昨今の大口径レンズに比べて遥かに小さく描写も良好だし、人間の身体スケールにとても合っていると思う。

出てくる写真の質は各人のお好みの世界なので、ここではオカルトめいたごたくを並べるつもりはないが、この取り回しと描写は素晴らしいものがある。

サイズ感や重量感だけならば昨今のミラーレスとあまり変わらないが、情緒という評価軸を足してしまうと「ライカ」と「旅」は見事にしっくりとハマる。そんな気がする。

f:id:filmmer:20190817085759j:plain

Xpro1/XF 35mm F1.4

イカ以上のカメラは数多くあるけれど身体スケールにあった大きさがライカの良さだと思う。改めてiPhoneと並べてみてもこのサイズ感。フルサイズデジタル一眼レフだとこうは行かない。

 

f:id:filmmer:20190817085850j:plain

Xpro1/XF 35mm F1.4

手にすっぽり入る大きさであり、重過ぎないけど軽すぎるということもない。まさに適者生存。

 

f:id:filmmer:20190817085946j:plain

Xpro1/XF 35mm F1.4

素っ気ないトップもいい。ゴテゴテしていない後ろ姿もいい。最小限のダイヤル類のみにまとめられているシンプルさも良い。レンズを35mmに変えれば更にコンパクトになる。

旅の道中にて

今回はSummicron-M 50mm F2とSummaron-M 35mm F2.8を鞄に詰めて旅に出た。

性格が無精であることに加えてバックパッカー根性が抜けないため、持ち物はいつだって最小限に留めてしまう。フィルムも最小限の数量を鞄に詰め、半分以上は現地調達とした。

N0612019

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji ACROS 

 

N0622019

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji ACROS  

私の手元にあるM6は箱入り娘だったと思う。

ほぼデッドストックのような外見で外箱一式が手元にあるので、本当にあまり外に持ち出されなかったんだろう。今回の旅はもしかしたらこのカメラにとって初めての長旅だったかもしれない。

N0672019

 LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji ACROS  

 

N0632019

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji ACROS   

 

N0652019

 LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji ACROS   

 

若人よ、ライカを買わないか?そして旅に出よう。

我々日本国民は消費税を10%に上げることに同意した。

私含め「ちょっと待った!そんなの同意できない!」と異議を申し立てたい人間がごまんといると思うが、悲しいかな大多数の日本国民の意思は増税であったのだから仕方ない。

www.nippon.com

残念ながらこの消費税増税は回避できなさそうなので、欲しかった機材があるなら消費税が10%になる前に買ってしまおう。こと若い子には無理をしてでもフィルムライカの中古に手を出して頂きたい。

国産ミラーレスカメラも素晴らしいが、写真を続けているとそのうちライカフィルムカメラに触れることになるから。そして、自身を振り返って「ずいぶん遠回りしたなぁ」と思うから。

2%の増税って大したことないように思うかもしれないけど、100万円の買い物したら2万円、500万円なら10万円も差がつくんだぜ。汗水垂らして稼いだ金をこんなしみったれた国においそれと渡すなんて馬鹿げてる。

f:id:filmmer:20190812211726j:plain

LEICA M6/Summicron-M 50mm F2/Adox Silvermax

 

N0552019

LEICA M6/Summicron-M 50mm F2/Kodak Tri-X 400

写真に興味があってフィルムカメラの世界に踏み入れたいと考えている若い子には、ぜひフィルムライカに手を出して頂きたい。そして旅に出て欲しい。

どのライカを買う?

M6の価格はいつの間にか随分と上がってきていて、相場は大体18万から24万くらい。たまに13万くらいの個体が出てくるので許容できる状態なら買いかもしれない。露出計もついてるしフレームも28mmまで出るので使っていて何ら不満が無い。 

予算が厳しいならM4がいい。

大体の相場が10-15万くらいなのでM6よりだいぶ手を出しやすいけれど、露出を勘で決める自信がない場合は別途露出計を買う必要がある。また35mmまでしかフレームが用意されていないので、28mmのレンズを使いたい場合は外付けビューファインダーも買う必要がある。

個人的な好き好みではあるけれど、造形的にM6とM4が一番美しいと思っている。

sunrise-camera.net

 

更に予算が厳しいのであればM4-2かM4-P。

いわゆるライカ暗黒期の製品なのであまり評判は良くない。相場は12万から14万くらいなのでM4と比較してみて程度のいいM4が近い価格で出ていたら、ちょっと無理してM4を買うのがいいかもしれない。その他縦吊りがカッコいいM5やM3も大体この価格帯で買えるので、お好きな個体をどうぞ。

sunrise-camera.net

欲しいレンズが決まっていないなら現行のSummicron 50mmか35mmを1本買えばいい。後悔することはないので、清水の舞台からダイブする気分で状態の良いレンズを大枚叩いて買って良い。

blog.yokokanno.com

blog.goo.ne.jp

 

定期的に新宿高島屋か銀座松屋で開催されているクラシックカメラの即売イベントに足を向けるのも良い。ちなみに現在新宿高島屋で8月20日までクラシックカメラ博が開催中。

www.takashimaya.co.jp

くれぐれも注意して頂きたいライカ

イカは素晴らしいカメラだけど、時代時代の限定品やレアライカがあったりするので沼の深さも相当なものがある。私がうっかりハマりかけたKE-7A始め、ひと財産潰しそうなレア物があるので、珍しいライカを見かけた際は無視するに限る。

japancamera.org

ohnukicame.exblog.jp

aremo-koremo.hatenablog.com