analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

シンガポールのフィルムカメラ事情

仕事でシンガポールにしばらく滞在していました。

リュック背負って日本を飛び出して、毎日のように屋台とランドリーと仕事場を往復する日々。出発前に髪を切りに行くのを忘れていたので、髪はボサボサだし身なりはヨレヨレだし。元々が自由人なので全く気にならないのだけど、バックパッカーに仕事がついてきたような。そんな不思議な感じ。

f:id:filmmer:20190803161856j:plain

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji C200

 

そんな滞在中のとある夜、M6ぶら下げて屋台の夕食を探していたら隣に居合わせたオタクっぽいおじさんから話かけられる。

このおじさんのカメラにかける情熱は素晴らしいのだけど、彼の喋るほぼ広東語らしき中国語を私が全く理解していないにも関わらず、頭をぼりぼり掻きながら何とか英語を捻り出し、暗室の素晴らしさやズマロンの素晴らしさ、自分はドイツ製が大好きであることを訴えかけてくる。

時折「うー…」とか「あー…」と唸って下を向き考え込んでは早口でまくし立てるこのおじさん。オタクのテンプレに乗りすぎてて微笑ましった。今思えばこのおじさんのポートレートを撮ればよかったと後悔している。

N0562019

 LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji C200

 

初めて訪れたシンガポールは、近隣諸国の文化がごちゃ混ぜになった上に成立しているとても色鮮やかな国に思えた。様々な宗教や文化風俗がバランスを保って共存する国。そんな印象。

 

シンガポールフィルムカメラ事情

シンガポールの写真は別の記事にまとめるとして、滞在中に中古カメラ屋が集結した雑居ビルを見つけたので忘備録的に書き残しておく。彼の国にフィルムカメラを持っていく方は当地でフィルムの調達もできるので参考にして頂ければと思う。

件のビルはシンガポールの中心部のCity Hall駅から歩いて5分ほどのところにあるPeninsula shopping centerというビル。

f:id:filmmer:20190803153735p:plain

住所:3 Coleman Street Singapore 179804

 

発展著しい彼の国にあって隣の商業施設と比べてしまうと正直くたびれている感は否めないし、Trip adviserには「汚くて臭い」とまで書かれている(確かに綺麗じゃないけど正直そこまで酷いことはないと思う…)けど、このビルの中は楽器屋あり中古カメラ屋ありの道楽者には嬉しい内容。

H&Mだとか無印、流行りのカフェばかり入った商業施設なんてもう要らねえ!!

f:id:filmmer:20190803154113j:plain

iPhone SE/VSCO

FUNANショッピングセンター横の白いビルが現場。旗を揚げるポールが5本並んでいるところまで行くとフィルム屋の看板が出迎えてくれるので間違いようがない。

f:id:filmmer:20190803154536j:plain

iPhone SE/VSCO

We've Filmsって響きが頼もしいこの看板の後ろは、主にフィルムを取り扱っているRuby Photoというお店。今回はあまりお世話にならなかったけど、現像液を初めタンクなんかも買えるっぽい。またここはAdoxのフィルムも扱っているらしい。

Ruby Photo[https://www.facebook.com/RubyPhotoSingapore]

 

中に入ると1Fだけで中古カメラ屋が4,5店舗あり上の階に上がると大きめの店舗がひとつある。基本的にくたびれた雑居ビルの様相。

f:id:filmmer:20190803154704j:plain

iPhone SE/VSCO

帰国してから気づいたけど、値札に三宝カメラの名前が…。1Fのどこかだったと思うんだけど店の名前が全く思い出せない。

f:id:filmmer:20190803155723j:plain

iPhone SE/VSCO

ここはソニー製品の品揃えが良かった気がする。

The Camera Workshop[https://thecameraworkshop.sg]

 

1FのにあるRiceballは入りやすくて親切な印象。

なぜおにぎりなのかは解らないけど商品のセレクトは中々いい感じ。今回の旅の道中フィルム補給のために何度も寄らせてもらったのがここ。たまに店の前にワゴンが出ていてジャンク品が並んでいたりする。日本でよく見るあの光景。

f:id:filmmer:20190803154826j:plain

iPhone SE/VSCO

間口は狭いけど、会話内容から常連さんと思しきお客さんが常にいる。常連さんがいても不思議と入りにくい雰囲気じゃないところが素敵。

f:id:filmmer:20190803154856j:plain

iPhone SE/VSCO

店員さんもフレンドリーで客層もコアな道楽者が多かった。私の横で新しいLEICA M-Eの話をしているおじさんだとかさらっとSummilux-M 50mmを買う兄さんだとかがいて賑わっていた。それにしてもこの国は金あるなぁ。

写真のお兄さんとシンガポールフィルムカメラ事情を聞いてみたら、やっぱりここ数年フィルムカメラ熱は高いらしい。彼は20歳そこそこらしく、フィルムカメラをリアルタイムで経験していない世代らしい。

f:id:filmmer:20190803155223j:plain

iPhone SE/VSCO

店のお兄さんに断って撮らせてもらった店内。取り扱いフィルムはこんな感じ。Portraはバラ売りしてくれるけど、価格帯は日本とほぼ変わらない。フジ記録用400の在庫をまだ持っていたのが驚きだけど、C200があったので道中はこればっかり買っていた。

モノクロフィルムをたくさん持って行ったのに、やっぱり南の国に行くとカラーネガを使いたくなる。

f:id:filmmer:20190803155656j:plain

iPhone SE/VSCO

うっかり立ち止まってしげしげ眺めてしまったこれ。1500SGDだから12万円くらいだけど…財布の中身とレシートの山を見たら、そんなにカメラばっかり買ってどうすんだと正気に返った。

Riceball Camera[https://www.facebook.com/RiceballPhotoBook/]

f:id:filmmer:20190803163722j:plain

LEICA M6/Summaron-M 35mm F2.8/Fuji C200

上階にあるBlack Market Cameraも外せない。

ここはぐるり周囲を囲むショーウィンドウにカメラとレンズがぎゅっと陳列されていて店の中は三脚だとかアクセサリ類が所狭しと詰め込まれている。

f:id:filmmer:20190803175258j:plain

iPhone SE/VSCO 

f:id:filmmer:20190803175331j:plain

iPhone SE/VSCO

や、安くはないかな…。

Elmarit-M 28mm F2.8の値段を見る限りマップカメラとどっこいか少し高いくらい。ここんちだけじゃなくどこの店も総じて高い。下手したら日本より若干高かったりする。

安かったらシンガポール製ローライ35をお土産に買ってこうかと考えていたけど、また次回のお楽しみとすることにした。  

 

追伸:

当地でしばらく仕事をしていたら、バグっていた頭がすっかり良くなりました。仕事が忙しすぎることよりも、一人で過ごす時間が無かったことが体調不良の原因だったらしいです。