analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

エクタクロームは10月中旬らしい。

遂にB&Hにエクタクロームが登場。ステータスがプレオーダーになっており出荷は10月中旬となっている。某量販店に聞いたところ日本の発売も概ね同じ時期らしく、紅葉の季節にはギリギリ間に合うっぽい。

エクタクロームはまさかの復活アナウンスから、予定が延期されたり情報が出てこなくなったりと何度か不安になったが、まずは無事に発売にこぎつけたコダックには賛辞を送りたい。今年の1月に仮想通貨ビジネスに手を出したと聞いた時は、正直もうこの会社ダメだな、とかエクタクロームの復活もきっとないんだろうな…なんて思ったけど。兎にも角にもちゃんとエクタクロームを供給できる状態になったということで安心した。

 

f:id:filmmer:20181008103846j:plain

Kodak Professional Ektachrome E100 Color Transparency 1884576 

 

ところで、1本13ドルというのはいかがなものだろうか。

B&Hで他のコダックのフィルムを眺めてみるとEktar 100が1本7.49ドルなのだが、これが日本にくるとヨドバシで買って¥1,590付近なので、単純計算するとコダックアラリスジャパンに良心のかけらもなければ1本あたり¥2,757也、ということになる。高え。

確か先代エクタクローム終売時の価格は1本¥900前後だったはずなので、今のコダックアラリスジャパンの値付け路線からするとおそらく3倍以上の値札がつくことになるわけで、こんな高い値札付けていたらフィルム写真道楽を志す人を増やすことには繋がらないよなぁ、と思う。生産ライン作り直したり輸送のコストがある事は承知してるけど、それでも高えとしか言いようがない。エクタクローム100本使ったら現像コスト込みでズミクロン35mmを新品で 1本買えちゃうじゃん、とか。

 

インスタとかチェキ経由でフィルムカメラの楽しさに目覚めかけている人たちを含め、もっとアピールできる価格で市場に出せばいいのに…というか、コダックは全般的に高すぎ。アメリカの小売価格を猛省してそこそこの値段でEktachromeを発売して、Ektachrome発売記念とかこじつけて、ついでにPortraもEktarも30%くらい安くすればいいのに。