analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

富士フィルムがモノクロフィルムの再生産を検討しているらしい

こないだモノクロフィルムの生産やーめた!…って言ったばっかりじゃんというツッコミを入れたくなる展開。

先日のACROS生産終了のアナウンスには本当に驚かされたが、富士フィルムは落胆したフィルムユーザーの声にきちんと耳を傾けていてくれた。残念ながらACROSの生産終了が撤回される訳ではなく、全くの新規でモノクロフィルムを作るとのこと。やるじゃん富士フィルム

過去の遺産の焼き直しではなく、全くの新規でフィルムを設計するというところが素晴らしい。ACROSを超えるフィルムが発表されることを楽しみに、富士フィルムからの公式アナウンスを待つことにしよう。

 

N0982018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Fuji ACROS

それにしても今年の東京は暑い。

毎年夏になると日本の湿度と暑さに悪態を付いているが、今年の暑さには悪態をつく体力すら奪われている。東京の週間予報を見ると気が滅入るので、ここ数日は埼玉県の週間予報を見るようにしている。都内も地獄だけどさらに(と言っても2,3℃の差だけど)深い灼熱地獄があると思うと少しだけ気が楽になる…ように思う。

N0972018

Bessa R3A/Summaron 35mm F2.8/Fuji ACROS

こうも毎日暑いと、社会の仕組みを見直す時期にきているんじゃないかと思う。

これから日本はどんどん暑くなるんだし、ただでさえ風水害が多い国なんだから毎朝仕事場やら学校なる場所へ通うという、全くもって馬鹿馬鹿しい不毛な行為をやめればいいのにな、と思う。そうすれば無駄な電気を作って通勤電車を動かす必要もないし、より持続可能な社会になると思うのだけど。