analogue life

フィルムが捉える世界は美しかった

Film

Elmarit 90mm F2.8は破格の良玉

初めて身銭を切って50mm単焦点レンズを使った日の事を覚えているだろうか。 私の場合はズームレンズがセットになったエントリー向けの一眼レフを買った数年後に、知り合いから投げ掛けられた「写真が上手くなるには単焦点が必要だよね」と云う言葉を素直に受…

道楽殺しの10連休

地獄の10連休が終わった…と口にすると客商売をしている方からぶん殴られるか冷たい目で見られるんだろうな、くらいには思っている。天皇陛下即位に伴う10連休を取れたのは25%程度で、うちの家内を含む大多数は仕事をしていたのだから。 www.nikkei.com 私は1…

令和元年に持っていく機材

今年のゴールデンウィークはまさかの10連休。 SNSを眺めていてもラジオのニュースを聞いていても、一人旅に出たり家族とどこかへ出掛けたり友達同士で飲みに出掛けたり…と世間はとても充実している様子なのに、私はこの10日間出掛ける当てもなければ予算も立…

Nikkor 58mm F1.4Gとフィルムで撮る写真

日本製の一眼レフは優秀なのである 先日中古カメラ市で即買いしたNikon F80Sの便利さに驚いている。 最近のフルサイズ一眼レフよりひとまわり小さくて軽くて、基本的な機能はしっかりしつつも無駄な機能が付いていない潔さがいい。Leica M6だとかBessaみたい…

Nikon F80Sを手に入れた

第41回 世界の輸入カメラ市 仕事の合間を縫って銀座松屋で開催中の世界の中古カメラ市へ。 実は真面目に時間をかけて見て回ったのはこれが初めてで、前回は超駆け足で見て終了だったしその後しばらくは仕事やらプライベートな用事が重なったり、うっかりこの…

Arista Edu Ultra 100を試す

東京マラソンに出ます 去年の暮れから毎週末はランニングに出るようにしている。35歳を過ぎてからと言うもの肉が落ちなくなってきたことと、ダメ元でエントリーした東京マラソンの抽選を通ってしまったからである。 正直な話長距離走るのはダルいし練習なん…

Fomapan 400を使ってみた

秋をすっ飛ばして冬が来た 12月だと云うのに気温が20℃近いって何事!…なんて思っていたら、あれよあれよと云う間に最高気温が10℃を下回って一気に冬に突入した。天高い秋の空とか紅葉とか、秋晴れの下の海岸沿いドライブなんて云うものと全く程遠い無慈悲な…

2019年分のフィルムを大人買いした。

ボーナスの季節ですね 大手企業の一部の業界のみっぽいけど、この世間の寒風と荒れた世相の中でまだボーナス上がるかって感じ。日本経済が凄い訳じゃなくて、日本経済のピラミッドの上層にいる一部の会社組織が下層の会社と労働者を搾取して到達したゴールっ…

エクタクロームが現像から上がってきた

リバーサルフィルムがどうにも苦手だった。 現像から上がってきたエクタクロームを光にかざして眺めて…欲しかった色がきちんとフィルムに再現されていて「あぁ、これこれ」と。リバーサルフィルムも悪くないんじゃないかと思い始めた今週始め。 ただの下手く…

夏の終わりに

暑いのが嫌だ、湿気が嫌だとブツブツ言いつつも、いざ涼しくなってみると夏の陽射しが恋しくなるんだから、随分とわがままな大人だなぁと思う。 鎌倉の路地裏をぶらぶら。 この街は一歩路地裏に入ればまだどうにか小津安二郎映画のような雰囲気を維持してい…

横浜駅でAdoxのフィルムを見つけた件。

すごい店を見つけた…と云うか自分の生活圏から離れた場所が故に今まで気が付かなかっただけの話なのだけど、相鉄横浜駅ビルであるジョイナスの一角にある「カメラはスズキ」さんのことである。「カメラ”の”スズキ」の誤植なんじゃないかと思ったが、どうもこ…

エクタクロームは10月中旬らしい。

遂にB&Hにエクタクロームが登場。ステータスがプレオーダーになっており出荷は10月中旬となっている。某量販店に聞いたところ日本の発売も概ね同じ時期らしく、紅葉の季節にはギリギリ間に合うっぽい。 エクタクロームはまさかの復活アナウンスから、予定が…

Silvermaxをスキャンする

前回エントリに引き続きAdox Silvermaxの話。 現像から上がって来たフィルムをスキャンしようとしたら、フィルムがマイナーすぎるのかSilverfastのNegafixにはこのフィルムのプリセットがない。フィルム自体の需要が殆どないこのご時世、スキャナソフトの開…

Adox Silvermaxは凄いフィルム

現像から上がってきたSilvermaxのネガをスキャンして驚いた。これはちゃんとプリントしなきゃダメだなと反省した。 メーカーの受け売りじゃないけど、このフィルムは階調が豊かで暗部の分離も良く、粒状性も驚くほど優秀。もしかしたらズミクロン50mmとの組…

あまりにも暑すぎて写真が撮れない。

関東地方が何日連続で熱帯夜だったか途中まで数えたが、あまりの暑さにうんざりして放り投げた。 6月中に梅雨明けと言われた時に何となく嫌な予感がしていたが、人として許容できる気温・湿度を超越した恐ろしい暑さが続いている。仕事なんてしていたら脱水…

富士フィルムがモノクロフィルムの再生産を検討しているらしい

こないだモノクロフィルムの生産やーめた!…って言ったばっかりじゃんというツッコミを入れたくなる展開。 先日のACROS生産終了のアナウンスには本当に驚かされたが、富士フィルムは落胆したフィルムユーザーの声にきちんと耳を傾けていてくれた。残念ながら…

短い梅雨の思い出

夏が始まってしまった。 今年の梅雨はあまり暑くもなく湿気も少なく、夜になれば風も気持ちよくて随分と快適だなぁ…なんて思っていたら、あっさり梅雨が終わって地獄のような夏が訪れてしまった。平均よりも20日程早い梅雨明けということは、地獄のような暑…

2018年上半期の道楽写真を振り返る

今週のお題「2018年上半期」 気がつけば2018年も半分が終わってしまった。1月から3月までの記憶が薄らぼんやりしていて何をやっていたのか思い出せないのだけど、毎年のように4月に花見をして新入社員だの新入生だのでぎゅう詰めの電車に揺られて仕事して、…

Adox SCALAが現像から上がってきた

現像から上がってきたAdox SCALAのフィルムを光にかざして思わず息を飲んだ。 撮った本人も忘れていたような一枚がまるで浮き上がるかのように緻密で、モノクロームであるにも関わらず、色がきちんと乗っているような印象すら受ける。 無いはずの色が見える……

フジ記録用100を使ってみた

先日成田空港のキタムラで、うっかりフジ記録用100を買ってしまった。 レンジファインダーな人々のblogやflickrで作例を眺めつつ、安かろう悪かろうの先入観からずーっと食わず嫌いを続けてきたフィルムのひとつ。作例を見てとびきり感動した記憶もなければ…

Adox SCALAが届いた。

Adox SCALAが到着 その昔、SCALAというフィルムがあった。モノクロームなのにリバーサルという不思議なフィルム。製造元のAgfaが既に息をしていないので、製造なんてとうに終わっており市場にも流通していない。 フィルムカメラ出戻り組の自分が気付いた時に…

ズマロン 35mm F2.8をカラーネガで試す。

Portra 400でズマロンを試してみた。ここ数週間仕事に追いかけ回されていて、Portra一本撮り終えるのに随分と時間がかかってしまった。 このレンズはモノクロ専用なんて一部で言われてるようだけど、現像から上がってきた写真をみてびっくり。カラーネガでも…

Tmax400でズマロン35mm f2.8試し撮り

実を言えば、35mmは現行ズミクロンにしようと7割方決心していて、身分証と印鑑握りしめてショーケースまで向かったのだけど、ズマロンとズミクロンを数本試してみたらズマロンが欲しくなってしまった…という落ち。 仕事のストレスでメンタル死亡間近につき、…

Kodak Tmax400と夜の銀座

いままで何故か使ったことがなかったTmax400。いつも気になってはいたものの、ILFORD Delta 100の繊細な絵が好きだったので、フィルムを買いに行ってもTmaxは見送りしてきた。 先日の会社飲み会が有楽町界隈だったこともあり、飲み会前に有楽町ビックに寄っ…

Plustek 8200 Ai作例

前回エントリからの続き。 Silverfastの使い方を長々書いても仕方がないので、実際にスキャンした画像をフィルムごとに幾つか上げてみる。比較対象としてトイラボさんにスキャンをお願いした画像と並べているけど、スキャンの良し悪しを比較したいという意図…

2018年はどんな写真を撮ろう。

2017年の最後に現像に出したフィルムはKodak Ektarでした。 Portraばかり使い過ぎたせいか、初めてEktarで撮った写真の出来が悪かったせいか、どうにも個性が薄くあっさりした印象が拭えなくて敬遠していたこのフィルム。苦手意識を植え付けないためのリベン…

夏の終わり。

すっかり肌寒くなってきた10月中盤。2017年の夏も終わり。 海水浴客もいない、サーファーもいないベタ波のとある日の一枚。 この一枚を撮ったあたりから、手元にある唯一のフィルムカメラBessaの調子がおかしくなってきたので、コシナへ送ったら基盤ごと交換…

撮った写真を本にする。

北朝鮮の電磁波パルス攻撃だとか、Xクラスの太陽フレアのニュースを聞きながら、iPhoneやらMacのハードディスクに溜め込んでいる写真の安否をぼんやりと考えていたら、Blurbから注文していたフォトアルバムが届いた。 Fuji Xpro1 35mm 1.4

こんなこともある。

Ilford Delta100がパー子ちゃん。 iPhone SE

ILFORD DELTA400と夜歩き。

田舎育ちの僕にとって、フィルムといえば長らくフジかコダックの2択だったこともあり、どうにも舶来メーカーの横文字に弱い。アグフアゲバルトとかフェラーニアなんてメーカー名を聞くと、写りがどうこう以前に無条件でワクワクしてしまうのは、育った環境の…