analogue life

フィルムカメラと美しいもののこと

Film

Adox SCALAが現像から上がってきた

現像から上がってきたAdox SCALAのフィルムを光にかざして思わず息を飲んだ。 撮った本人も忘れていたような一枚がまるで浮き上がるかのように緻密で、モノクロームであるにも関わらず、色がきちんと乗っているような印象すら受ける。 無いはずの色が見える……

フジ記録用100を使ってみた

先日成田空港のキタムラで、うっかりフジ記録用100を買ってしまった。 レンジファインダーな人々のblogやflickrで作例を眺めつつ、安かろう悪かろうの先入観からずーっと食わず嫌いを続けてきたフィルムのひとつ。作例を見てとびきり感動した記憶もなければ…

Adox SCALAが届いた。

Adox SCALAが到着 その昔、SCALAというフィルムがあった。モノクロームなのにリバーサルという不思議なフィルム。製造元のAgfaが既に息をしていないので、製造なんてとうに終わっており市場にも流通していない。 フィルムカメラ出戻り組の自分が気付いた時に…

ズマロン 35mm F2.8をカラーネガで試す。

Portra 400でズマロンを試してみた。ここ数週間仕事に追いかけ回されていて、Portra一本撮り終えるのに随分と時間がかかってしまった。 このレンズはモノクロ専用なんて一部で言われてるようだけど、現像から上がってきた写真をみてびっくり。カラーネガでも…

Tmax400でズマロン35mm f2.8試し撮り

実を言えば、35mmは現行ズミクロンにしようと7割方決心していて、身分証と印鑑握りしめてショーケースまで向かったのだけど、ズマロンとズミクロンを数本試してみたらズマロンが欲しくなってしまった…という落ち。 仕事のストレスでメンタル死亡間近につき、…

Kodak Tmax400と夜の銀座

いままで何故か使ったことがなかったTmax400。いつも気になってはいたものの、ILFORD Delta 100の繊細な絵が好きだったので、フィルムを買いに行ってもTmaxは見送りしてきた。 先日の会社飲み会が有楽町界隈だったこともあり、飲み会前に有楽町ビックに寄っ…

Plustek 8200 Ai作例

前回エントリからの続き。 Silverfastの使い方を長々書いても仕方がないので、実際にスキャンした画像をフィルムごとに幾つか上げてみる。比較対象としてトイラボさんにスキャンをお願いした画像と並べているけど、スキャンの良し悪しを比較したいという意図…

2018年はどんな写真を撮ろう。

2017年の最後に現像に出したフィルムはKodak Ektarでした。 Portraばかり使い過ぎたせいか、初めてEktarで撮った写真の出来が悪かったせいか、どうにも個性が薄くあっさりした印象が拭えなくて敬遠していたこのフィルム。苦手意識を植え付けないためのリベン…

夏の終わり。

すっかり肌寒くなってきた10月中盤。2017年の夏も終わり。 海水浴客もいない、サーファーもいないベタ波のとある日の一枚。 この一枚を撮ったあたりから、手元にある唯一のフィルムカメラBessaの調子がおかしくなってきたので、コシナへ送ったら基盤ごと交換…

撮った写真を本にする。

北朝鮮の電磁波パルス攻撃だとか、Xクラスの太陽フレアのニュースを聞きながら、iPhoneやらMacのハードディスクに溜め込んでいる写真の安否をぼんやりと考えていたら、Blurbから注文していたフォトアルバムが届いた。 Fuji Xpro1 35mm 1.4

こんなこともある。

Ilford Delta100がパー子ちゃん。 iPhone SE

ILFORD DELTA400と夜歩き。

田舎育ちの僕にとって、フィルムといえば長らくフジかコダックの2択だったこともあり、どうにも舶来メーカーの横文字に弱い。アグフアゲバルトとかフェラーニアなんてメーカー名を聞くと、写りがどうこう以前に無条件でワクワクしてしまうのは、育った環境の…

やっぱりPortra400が好き。

市販のカラーネガフィルムが段々と少なくなる中、気が付いたらKodakのPortra400ばかり使っている。 露出オーバー気味で撮れば淡い色合いなんだけど芯がしっかりしていて、夜でも(酔っ払っていても)気合を入れて固定すれば手持ちでもどうにか撮れるのが嬉し…

Fuji NEOPAN ACROS

いつの間にフィルムがこんなに高くなったんだろうと、びっくりしているわけです。 そんなフィルムが1本1000円以上するこのご時世でも、まだ600円くらいで買えて、粒状性もよくカリッとシャープに写るこのフィルムの存在は本当にありがたいのです。 写真フィ…